• 2018_06
  • <<
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • >>
  • 2018_08

mypotaling (まいぽたりんぐ)

身体障害者だけど走り続けます!!


FT03 マキのマスター「アレクセイ・ニコラビッチ」のバイク論

  1. 2017/09/01(金) 15:29:05|
  2. ゲーム
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
バイクはいつだって大切なことを教えてくれる。
でもバイクに乗れとは言わない、もしそいつがバイクで死んだら目覚めが悪いからだって…
けど経験する前に勝手な想像で価値を決めるくだらない人間になったり、毎日やらないで良い理由を考えるくだらない人間になるぐらいなら乗れって…

チームメンバーの方々へ

  1. 2017/08/23(水) 16:52:09|
  2. ゲーム
この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力

グリザイア:ファントムトリガーVol3

  1. 2017/07/31(月) 15:59:48|
  2. ゲーム
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
ι(´Д`υ)アツィーけど何とか生きている、どうも私です。

ついにキターーーーーー!!
グリザイア:ファントムトリガーVol3!!

内容は話せませんが、1,2も良かったが3もいい!!と言う所でしょうか。
びっくりしたのですが…パッケージが無駄にデカい!!(笑)

DSCF1741.jpg

中のシリアルカードの入った箱はVol1.2と同じ大きさですが。
少し大きいプラモデルの箱?と思えばおおよそそんな感じの大きさです。

今回は「トーカ」の話…のハズなのですが…詳細は書きません。(笑)

「トーカ」の本質が見える…と言った感じでしょうか。

ちなみにこれは初回限定版(メーカー)で、色紙、タペストリー、チェーンフィギア?(2つ)とゲームDLカード
が入っていました、色紙だけは箱に入っておらず別包でした。
タペストリー入れるためにパッケージ大きくしたのか…あまりに大きいので仕舞うばしょがない(笑)

内容は思っていたよりかなり良かった。
グリザイアファンなら「買い」でしょう( ̄ー ̄)b

そして「トーカ」のかわいい所が見えます、この回で(笑)

次回はいつだ!!と待ちきれない自分がいました。ε- (´ー`*)フッ

というか、何話まで出るんだろう?(;´・ω・)







2017・07・31 きたきつね






はつみら(果つることなき未来ヨリ)

  1. 2017/07/24(月) 16:16:22|
  2. ゲーム
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
今日も土砂降り、どうも私です。

グリザイアファントムトリガーVol3の発売まであとわずか!!( ・∀・)イイ!!

Vol1.2を20回以上「観て」ちょっとVol3を期待している自分がいる。

がさすがに数か月?同じのを見続けるのもなんだなぁと思い積みゲーの中から
「果つることなき未来ヨリ」(はつみら)を引っ張り出して始めた(1か月くらい前だが)

フロントウィングの最近の傾向?なのか基本「読み物」である。
が、内容はとてつもなく良かった。(個人的感想)
実は「グリザイアの旋律」のDLコードがほしくて買ったんだが…
もうこのコードの使用期限?が切れていて使えなかった(;´・ω・)…

というわけで、はつみらやってみようか…と重い肩を動かしたが…
思った(最初に)以上にいい話だった!!

はつみら01

軽くキャラだけ紹介。
一番左が主人公「三森一郎(イチロー)」 元?日本海軍戦闘機パイロット
一郎より左から順に
「メルティナ(メル)」人魚族…主にエロ担当(違)
「ユキカゼ(ユキカゼ・ジーン・ブラッド)」メインヒロイン? 異世界から漂着した一郎を発見保護した竜族の姫
「リア」 ゾンビ?(笑)、この子の話は最後はバッドエンド(?)
「アイラ」 犬族、この子の話が一番深い気がする…というかかなりいい。

以上が主人公およびメインヒロイン…だが…

正直たしかに上記5人の話はいい、しかし…このソフトで忘れちゃいけない人が居る。

その人の名は「ダモン・ギャモン」(右)!!と「ミスカ・デスカ」(左)


ダモンとミスカ


ユキカゼ率いる反乱軍「バラウール」の敵役である「ヴィスラ公国」の軍人。
アイラルート以外ではわき役(笑)、アイラルートは70%このおっさんが居ればこそのシナリオ。

あと、忘れてはいけないキャラがいた(笑)

character_illust_main_10.png

ジーナ・ナゴット(名護) わき役ではあるが…なんていうか存在観がパネぇ(笑)



話のあらすじ。

大戦中、敵戦艦に特攻した一郎…先にあるのは「死」でありそれは「名誉」であるはずだった…
気が付くとあたり一面の見知らぬ砂漠、何とか歩きだしたものの力尽き倒れてしまう、そんな一郎の前に巨大な竜が姿を現す…

メインルートは「ユキカゼに拾われた一郎が元居た自分の世界に戻るまでの間(レジスタンス組織)バラウールにてヴィスラ公国と戦う」、各異種族との共闘を得てヴィスラ公国に立ち向かう、しかし…ヴィスラ公国は「マジーの太陽」と呼ばれる(核兵器?)をある街に落とし戦力の差を見せつける。
ユキカゼは戦線を放棄(降参した?)が…一郎は納得いかずヴィスラに対抗する手段を模索し始める。


最初はメインルートを一通り終わらせると「マジーの太陽」を落とす少し前の処で選択肢(どのルートへ行くか)が
現れる(4人のヒロインの内1人を選ぶ)、メインルートではもう一つ選択肢があり「元の時代に帰る事」も可能。

-アイラルートの小ネタばれ-

散々敵対してきたダモンと一郎が刀や銃を使わずに殴り合いで決着をつけようとする。
渾身の一撃をくらい膝をついたダモン、それを見ていたヴィスラ兵が一郎に切りかかる…
だが、ダモンが体を呈して部下(ヴィスラ兵)に刺される。
一郎はそれに激怒しヴィスラ兵を殴り倒す。
ダモンは最後に一郎に葉巻を取ってくれと頼む…
そしてダモンが死の直前、一郎にシガーケースを託す。
このシガーケース、最後の方で…(書きたいけどネタばれすぎるので書かない(笑))
「ミスカ・デスカ」は上官である「ダモン」の死に立ち会う事ができなかった。
後にそれについての話がある、「フードの女」、最初ダレ?と思ったが…ミスカさんでした。
この戦いの最大の被害者は彼女かもしれない…絵が少ないのがさみしいが(;´・ω・)
彼女の旅路に幸あらんことを…

ついでにリアルート…そりゃないだろ…的な終わり(;´・ω・)
唯一?のバッドエンドルート?、でもなんか心に響く終わりかもしれない。

一貫して、どのルートでも「マジーの太陽」が街を焼き尽くす。
まるでWWW2敗戦直前の日本のような…

改めて、戦争は良くないと訴えるような個人的には同感で感動さえ覚える話である。
グリザイアシリーズのスタッフが再結集して作り上げたというだけあって流れ的にはグリザイアシリーズっぽさ
があるものの、別物としてみれば悪くないと思う、ゲーム性はないが。


いちおう全年齢対象だが、X-Rated(18禁)版があるが、X-Rated版にあまりエロを期待してはいけない。
というか個人的にはX-Rated版いらねーんじゃねぇ?と思ったりする(グリザイアもそうだったが(笑))
取ってつけたようなエロシーンが追加されるだけなので絵が増えるという点はいいけどね。(;´・ω・)
(PC版ソフトのみ)





2017・07・24 きたきつね







グリザイア : ファントムトリガー

  1. 2017/05/19(金) 20:49:23|
  2. ゲーム
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
久しぶりにゲーム?を買った、どうも私です。

…厳密には「ゲーム」じゃないですね(;´・ω・)
「ソフト」を買った?でいいのか?

※以下ネタバレが含まれますので閲覧注意。

smile.jpg

タイトルに誘われて来た人、正解(たぶん)です。

前作「グリザイアの果実」「グリザイアの迷宮」「グリザイアの楽園」も個人的にはとても好きなのですが。
気が付いたら「続編」?出てるやん!!(ノ・ω・)ノオオオォォォ-

前作の主人公「風見雄二」が所属していた「防衛省中央調査部諜報2課分室」通称CIRS(サーズ)が
「海上油田爆発事故」が引き金となりその存在は公のものとなった。
秘匿組織としてのCIRSは刷新されて以降、秘匿活動を引き継ぐ形で新組織SORD(ソード)が発足された…
話の中で出てくるがSWORD(ソード)ではなくSORD(ソード)です。

…うんちゃらかんちゃら(一部脚色あり) 詳しくは公式サイト等をご参照ください。
グリザイアファントムトリガー公式サイト http://grisaia-pt.com/

今回は「ゲーム性」はなく「ノベルティ」ですね。
「グリザイアの迷宮」、「グリザイアの楽園」も「ノベルティ」…いや「楽園」は選択肢が1箇所あったか(笑)
「グリザイアの有閑」をはじめとするBDの「おまけ」(だったよね?)も「ノベルティ」でしたが。

正直言うと前作をやっていない(見てない)と今一つピンときませんし、ただの危ない集団のお話になってしまうので
購入を検討中の方は「前作」をやるなり見るなりしておいた方がいいかと。(BDでもいい)

詳しい事は公式サイトを見てください。(笑)

感想を言えば「自分としては大当たり」かな?
1パッケージ1話構成なのですが、もうかれこれ3回くらい最初から読んでいる。
(現在Vol1,Vol2が発売中Vol3が7月に発売)

個人的には「ニンジャ」こと「ムラサキ」=「タチアナ」がツボにはまった。
ちなみにこのソフト「日本語」「英語」(字幕)が選べるのですが、Vol2のロシアマフィアと「タチアナ」の
やり取りが笑えた。
「タチアナ」がロシアマフィアと接触、(事情は割愛)、いちおう「ムラサキ」はロシアにいた事もあり、
ロシア語が話せる(ハズ?)なのだが…
字幕は「マトモな会話」をしているのに…CVは無茶苦茶な日本語(ロシア語も含む)と言う字幕とCVをうまく使ったトリック(笑)

字幕「(いつもお世話になっております、仲介会社のカウラカヒ通商のディーラー、タチアナです)」
CV 「まーぃどぅ、カウラカヒ通商のほーから来たタチアナ…でぇす」

この後のCVはもう無茶苦茶(笑)
YouTubeにこのシーンありました(;´・ω・) …いいのか?(笑)



うむ、ニンジャ(ムラサキ・タチアナ)いいな(笑)

img1479473288s.jpg


と、内容はこれくらいにして(;´・ω・)

パッケージ帯に書かれている「受け継がれし風見雄二(9029)の遺伝子(系譜)」…ん?

前作「楽園」でハーレムエンドの結果、確かに一人風見雄二の子を授かったヒロインは居たが…
「楽園」で「CIRSは解体されたそうよ?」「もう人を殺す仕事はしたくない」等々と言って悠々自適(?)な
「楽園」生活をし始めたハズだが…?

まぁそれ言ったら「果実」で各ヒロインとそれなりに良いエンディングを迎えているハズだし。
時系列が難しい話だなぁとは思う。

ぶっちゃけ書けば「前3作」とは根本から話が違うと言うのが正解だろうか?

前作の舞台であった「美浜学園」は現存(現SORDの「特殊訓練校」となっている)
話の中にちらほらと前作に出てきた人物も出てきてはいる(名前だけとか)が…
「大塚本部長」とか、「美術の松山先生」とか…(ってこの人たち前作でも名前だけだったな)
前作をくまなくやった(読んだ?)人ならニヤリとする部分も多々あります。
前作の主人公「風見雄二」は「CIRSの伝説のスナイパー」と言う通り名で出てきますね。

キャラの見た目と中身のギャップも面白い所でしょうか。

前作のヒロインっぽい「絵」のメインヒロインたちですが…
今回は「病んでいる子」は居ません。
元気はつらつすぎて主人公(?)の影がかなり薄い(笑)

パッケージで買ったのですが、なんかレビューで色々誤解してる人がいるようですが、
パッケージに入っているのはDL用のシリアルが刻印されたカードだけです。
簡単なDL説明の紙も入っていますが…分かりにくいです。(;´・ω・)
androidやiOSなどでできると勘違いされている方がいるようですが…
このソフトはWindows用です。

Vol1 は 「美浜学園」とSORDと、ひょんな事から一般科目担当の先生になってしまった
有坂先生のオープニング的ドタバタが描かれています。

Vol2 はメインヒロイン(1)の「レナ」の話がメイン。

Vol3 はメインヒロイン(2)の「トーカ」の話(らしい)

となると…最低でもあと2つ以上はパッケージ化されるんでしょうかね?

話を分割するのはいいが…いったい何章になるんだ…?まぁ、買うけどねε- (´ー`*)フッ

K○Yの「エンジェルビーツ」も連作のハズなのだが次作はいつ?
(まぁK○Yが遅いのは今に始まった事じゃないが…)

グリザイアファントムトリガーは出来ればあまり間をあけずに次々出してほしいなぁ。

つか、ST-R2000の出荷が6月頭になるようで…
それが来るまでしばらく何度も読み返すにはちょうどいい長さで飽きない。
長すぎても単調だけにキツイし、短すぎると「えぇ?」って感じですが、
自分的には「ちょうどいい長さの小説」みたいな感じでかなり気に入っています。
前作を知っている方が楽しめます。(断言)
ただ、前作の「何か」を期待すると裏切られます。(笑)
いい意味でも、悪い意味でも。

グリザイアファンなら「買い」でしょう( ̄ー ̄)b









2017・05・19 きたきつね








NEW ENTRY  | BLOG TOP |  OLD ENTRY>>