FC2ブログ

mypotaling (まいぽたりんぐ)

身体障害者だけど走り続けます!!


死ね死ねとうるさいオッサン

  1. 2019/11/07(木) 22:05:40|
  2. 病気
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
そんなわけ?で再開のどうも私です。

本日透析の為病院へ行ったところ、以前「死ね死ね…」と隣のベッドで4時間つぶやいていたオッサンが居て
なんとかしてくださいと看護師長に直訴したところ、相談員(ケア?ソーシャル?ワーカー)に話が行って、
私が大学病院に行っていた間(3か月)に当人と奥さんに事情を聴いたらしい…(;´∀`)

曰く、「挨拶をしなかったから」、「更衣室の照明を消さなかったから」…ってオイオイ(;´∀`)

奥さんからの情報らしいが、そのオッサンは以前は所謂、縦社会にいたらしく「挨拶をしない」=マナーがなってない
らしい…(もちろん私にオッサンが縦社会だろうが横社会だろうが居たことに関係はない)
いや…、そんな事いったら顔合わせた人間全員に挨拶して回らないといけなくなるだろ…
「更衣室の照明を消さなかった」…覚えはないが仮にそれがあったとしても、オッサンがどうこう言う問題ではない。
照明の管理者(所有者)は病院である。

と…訳が分からない理由で数年間「死ね死ね」と言われ、師長から注意されてからは顔を合わせるたびに、
「バカ!」と言われ続けた私はこのオッサンにどう仕返ししてやろうかと思案中。

もっと根の深い問題かと思っていたが…浅すぎてばかばかしくなった。
まるで、どこぞの世捨人(moto38)とか言うクソッタレジャーナリストのようだ(笑)
あぁ、「長谷川豊」っていう阿呆もいたな…似たり寄ったりだが長谷川氏は匿名ではない分マシか?
まぁ、やらかした事の重大性は長谷川氏が圧倒的だが。
まぁ、忘れると悪い(別に忘れても害はないが)ので忘備録として復帰第一弾の記事(愚痴)としました。

しかし…その話を聞いた私の第一印象は「ガキか!!」(ガキに失礼だったので訂正)
んー…「団塊世代固有の病気持ちなんだろうなぁ」でした。
まぁ、簡単に言えば「自己中」…自分が正しい、自分に従属するヤツには優しい(等々)しないヤツには厳しい。
相手が自分より弱いと知ればトコトン突っつきまくる、自分より強いヤツには手はおろか言葉も出ない。
まったくもって、┐(´∀`)┌ヤレヤレなオッサンである。
このオッサンは挨拶されないと死ぬのかもしれない(んなわけない(笑))

私は基本病院ではほかの患者さんと挨拶をしたり関係をきづこうとは思いません。
故にオッサンに挨拶をしないのも私のポリシーであり「当然」の結果なのですが。
どうやらオッサンはそれが気に食わないらしい。
よほど仲良くならず、話の通じる人でない限りは当方から挨拶や情報交換を求めたりはしない。
大体…他にも挨拶しない人いくらでもいるだろうに…
挨拶しなかったからと言って「死ね死ね」と念仏の如く4時間x3(約3年)言い続けるってもう…
精神的な病気としか思えないんだけど…
世捨人(moto38)のように「触らぬ神(紙屑)に祟りなし」がいいんだろうか?
長谷川豊氏のように団体が抗議できるような案件ならともかく世捨は抗議する価値もないしな。

まぁ、オッサンの素性(性質)が分かったので今後は「それなりに」対処していこうと思います。
なんか今日はその話を聞いただけでどっと疲れた(;´∀`)







2019・11・07 きたきつね







訳ありまして(;´∀`)

  1. 2019/10/28(月) 21:23:27|
  2. 病気
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
そんなわけで、どうも私です。

半年?くらい更新が滞っておりました。 m(_ _"m)
まぁ、以前書いた(?)アレルギーショック(アナキラフィシィ・ショック)で1か月
そのあと左手グラフト付近にアナキラフィシィで出来た水疱(すいほう)が出来てしまい。
その水疱が化膿し、グラフトが感染、結果左手からグラフトを抜き去り、他所にまたシャント(グラフト留置)
が必要になり、左手のグラフト跡の肉芽を引っ張り出して、皮膚移植などなどで、なんだかんだで3か月…

気が付けば夏前から今まで入院していた訳で(;´∀`)
今年の夏は夏は…( ;∀;)

もうしばらくアチコチの病巣をなんとかしないといけないらしく…
ちょっとブログ更新が滞っております。 m(_ _"m)
まぁ、さほど書くこともないのですが(笑)

もう少ししたら再開しようと思いますので今しばらくお待ちをば(;´∀`)

なんか、私のブログが「約に立った」とのコメントをいただいております。
私的には「私的な日記」程度のつもりで書いているのですが、
私の書いた記事が誰かの役に立ったと思うと感無量ですね(⌒∇⌒)


まぁ、11月頃をめどに復帰しますので今しばらくお待ちください。









2019・10・28 きたきつね








結果?

  1. 2019/06/13(木) 18:04:54|
  2. 病気
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
前投稿時の追記の続き、どうも私です。

結局土曜日の透析(4日)に抗生物質でも点滴してもらえばいいかな?と思っていたのですが。
事実、それでよかった(ハズ)なのですが(;´∀`)

間違えて(病院側のミス)、抗生物質を点滴し始めたまではよかった(透析にバイパスして)が!!
その抗生物質は以前使った時にアレルギー反応を起こした経緯があった。
それを確認せずに透析にバイパスする形で点滴したものだから猛烈に体中が痒くなり、熱が39°近く
まで上昇、半分意識を失い、そのままその病院に入院する羽目に(;´∀`)

数日の間は体を動かすのも難儀して…って病院が悪いんじゃん!!(; ・`д・´)
なんだかんだで2週間ほど留置されてしまった。
1週間過ぎたあたりでだいぶ回復はしたのだけど、病院としての体裁?を整えるためにもう一週間…
なんていうか、その病院…「古い、汚い(綺麗?とは言えない)、一部看護師の態度が悪すぎ(重要))
窓から外を見れば蜘蛛の巣が窓いっぱい(;´∀`)
外の景観は悪くないが…蜘蛛の巣が…
とりあえず、看護師(良い)曰く「特別室」と言っていた個室にぶち込まれ(私の意思は関係なく)、
「特別室」は個室で、ナースルームの目の前(確かに条件的には特別だが…)
担当看護師(これが害悪)、に滅茶苦茶怒鳴られ(39℃の熱で頭が真っ白な私に説明したようだが、
返事がない(そもそも聞こえていない)との事(だけで)ブチ切れ(笑)、看護師長にあの看護師ダメだと
訴え、私の世話はしないよう計らってもらった。
何十年と病院(入院)通いしているがあそこまで「キレ」た看護師はあまりしらない。
(厳密には大学病院某科で1度外出(許可はもらった)したとき、付き添ってくれた仲間がいたが、
私の用事(仕事)が、終わらず、時間を大幅に超えてしまい、連絡先であった仲間がシコタマ怒られた…
あの状況を思い出すと怖い…が仲間には申し訳ないと今でも思う、あれは間違えなく私のミスです、すいません(仲間へ))

まぁ、他の看護師さんはそこそこ愛想もよく(作り愛想の人もいたが)、その看護師(害悪)が遠ざかった
だけで精神的に安定…まぁ愚痴はとりあえずおいておいて…

抗生物質アレルギーで手や足、唇の皮がどんどん剥けてそれはもう見るに堪えない状況だった。
今も若干、剥け跡があるがそのうち消えるでしょう(と私の判断と医者(皮膚科)の判断)。
前も同じようになり、しばらく皮がむけ続けたが2か月もしたら綺麗になったので問題視はしていない。

病棟が汚い?、新築の大学病院との比較だが…
いくら古い病院だからってあれは(;´∀`)
それにしても前記した通りあまりきれいとは言えない。
なんか壁に穴開いてるし(;´∀`)(蹴った跡のような穴)
朝から晩までうめき声が絶えないし、トイレいけない重傷者が多く(察してください)
しょうがないとは思うし、そういう病棟も何度も経験しているけど…
根こそぎ気力を持っていかれる…(;´∀`)
自分がそういう状況になったら何も言えなくなるのであえて酷評はしない。
だってしょうがないしね。
あぁはなりたくないなと思うがいずれ私もあぁなるんだろうきっと。
それまで悔いの無いように生きないといかんね。

昔大学病院の「精神科」(解放病棟)に入った時よりひどい環境?じゃないかと思ったか思わなかったか。

看護師長にクレーム(笑)したおかげもあってかほとんどの看護師
当たり障りのない対応をしてくれた。
おかげで回復に向かっていた1週間~の間はとにかく暇だった。
透析はあったけど、入院患者優先で(ほんの少し)早く始まり、早く終わった。
あとはベッドに横になってひたすら積んでいたラノベを読みふけっていた。
あとすることと言えば窓の蜘蛛の巣を眺めて主はどこだろう?と蜘蛛探ししてたり。(笑)

結局、病院(の投薬ミス)だったけど、謝ったりは無かったな…
こういう場合謝るといろいろ面倒だから謝らないんだろうか?
まぁ、積んでいたラノベがかなり消費出来たのでそれでヨシとしよう…(良くないけど)

また気が向いたら何かやりだすかもしれません、そしたらまたそれをネタに書こうかな?
と思っています。

とりあえずもうしばらくはあまり動かないように(;´∀`)
…いや、動けない(;´∀`)









2019・06・13 きたきつね








低血糖(昏睡寸前?)

  1. 2019/04/02(火) 16:30:37|
  2. 病気
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
朝っぱらから低血糖、どうも私です。

本日は透析日、なので病院へ行ったのですが…
家を出たあたりからどうも調子が悪かった。

すぐに「あぁ、血糖低いな?」とは思ったものの、いかんせん送ってもらっている身だし、
途中でコンビニ…とか寄っている時間も(無くはないが)もったいないので、
病院着いたら何か糖分補給すればいいか…と思っていた。
が…

病院に付き、とりあえず玄関を通り(2枚ドア)、下駄箱まで歩いたのは覚えているが…
急に眼が回りだした。(;´∀`)
思いっきり、後ろの下駄箱に背中を打ち付け、立とうと思ったが力が入らず。
なんか意識が遠のいていった(;´∀`)

どうやら、誰か?が看護師さんを連れてきてくれたらしく、ストレッチャーに乗せられた(はず)

正直この後1時間くらい意識が無かった。

まぁ、ほおっておいてくれても良かったのだが、そうは問屋が卸さないらしい。

グラフト(動)に針刺して、そこからブドウ糖をぶち込まれた、一体どんだけぶち込まれたかはわからないが。
ブドウ糖(液薬)は腹を下すからあまり打ってほしくないんだが…(まぁ、そんな事言ってる場合じゃないか)

時計を見る余裕が出てきたので時計を見ると10時ちょっと前。

まだ目の前がボーっとしていたが、まぁ危機は脱した模様。
ここ最近(というかこの1年?)、ここまで激しい低血糖(昏睡?)は無かった。

カロリー維持とDW(ドライウェイト)の絡みでほぼ毎日同じ食事をしていた。
今朝に限っては主食が「パン」になっていた。(1枚)

いつもの食事を食べるつもりでインシュリンを打った(?)と思われ明らかなカロリー不足。
病院行く時間もギリギリだったのでとりあえず食べたが(;´∀`)

足りなかった、えぇ足りなかった。
正直、昏睡(直前)状態になると「もうどうでもいい」とか「このままほおっておいてくれないかなぁ」
とか思う。

で、透析後なんだかんだと怒られる。(´Д`)ハァ…

怒られ、注射し、血糖測り、透析し、体重(DW)を気にし…
何のために生きてるんだ?私は(´Д`)

毎食同じ食事というのは、私は制限が多いので、あたりさわりの無い
範囲のコンビニ弁当が主。
最近のコンビニ弁当は栄養価とかいろいろ情報が書かれていて、
セルフコントロールするのに実にいい。
まぁ、食費でかなりの出費があるが…私は栄養士でもなんでもないので、
自分で作れなくはないが…そんな事する気力もないので。

毎度毎度の愚痴ですがorz
今日はとにかく疲れた…


※別に誰のせいとか思ってはいません、低血糖を起こしたのも管理不足(自分)であると認知
 しています、ただね、自分が原因でない糖尿病を43年も続けていると、最初こそ「親が悪い」と
 思ったりした(当てつけ)時期もあったかもしれない。
 今はどうだろう?、突発的になってしまったのだから「親が悪い」とはいえない。
 だからといって誰かになし付ける事も出来ない、そんな気持ちを「自分の」ブログで吐き出す事
 が悪い事でしょうか?
 ただまぁ、親は「自分のせい」としてありとあらゆる事に首を突っ込んできます。
 そのくせ、「私が死んだら」とかなんとか…
 別に頼っているわけではないのですが、自分から首を突っ込んで自爆するのはやめてほしい。
 (マジで迷惑なので…よくあるのだが)
 
 ただ、「誰かのせいだ」とか責任転換は一言も言っていません、ご理解いただければ幸いです。







2019・04・02 きたきつね








人工透析中止問題に思うこと。

  1. 2019/03/20(水) 21:06:49|
  2. 病気
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
いまだにモヤモヤがとれない、どうも私です。

細かい前置き(事実)はさておき…

亡くなられた女性は、生前に「透析を受けない」などの同意書を旦那と連名で提出したらしい。
しかしフタを開けてみれば…(主にニュースやジャーナリズム連中)は「病院に責任が…」と囃し立てる。

女性はシャント(詳しくは検索してください)が使えない状況だったらしい。

これについては私もシャントが使えず、今までに何度となくグラフト手術や首シャント(私命名正式名称がわからない)
等を行っている。
苦しいのはわかる、辛いのもわかる。
しかし「透析を受けない」というこことは「死」が待っている事を知らなかった…とは言い訳としては通らない。

病院側がどうのという話が多いが…
まぁ、その話は他方でいろいろ議論されているようなので私はノータッチで。

では、なんの話よ?となるのですが…

透析に関する話という意味では上の話と関係ないとは言えないのですが。

ふと、数年前の事を思い出した。

グラフト(人工血管)閉鎖により、緊急で手術が必要となった事があった(何度もあるがそのうちの1つ)
口には出さないが子供の頃から世話になっていた「大学病院」で手術する事が多かった。
(人工透析(血液・腹膜))を開始した際も大学病院だったし、長い付き合い(?)で勝手知ったるなんたら、
というか、子供の頃からの病床記録(今は電子カルテ)が大学病院にあるためまさに「勝手知ったる」なのである。
いつもなら「緊急」を要するときは救急でも1時間近くかけて救急車で運ばれる先は大学である。

だが、その時は「大学病院」も「空き」がなく、他院を頼らざる得なかった。

実名を挙げるが「信楽園病院」である…

何科か正直覚えていないのだが腎臓(腎不全)関係の科だと記憶している。

そこの名医?「酒井」医師がグラフトを再埋没手術する事になったのだが…
手術はなんだかんだあったが無事?終わった。

「信楽園病院」で数回グラフトの調子を見る必要もあり入院し、透析を受けることになった。
経過は良好?(だったと思う)で、透析も問題なさそうだったので退院に向けた話を
違いました…手術後すぐだったので首シャントでしばらく様子見という事で入院していた。
透析室の看護師さんと話していたら…
「酒井」医師が”ズカズカ”とホントに音がしてるんじゃないかという歩みで私の元にきて、
退院の話(以後の経過)かな?と思っていたら、なんか顔が怖い(笑)
開口一番「今日は透析してやるが、明日出ていけ!!」…は?

なんのこっちゃ?、ただ透析を受けていた私にはさっぱり意味がわからなかった。
というか長いこといろんな病院をハシゴしてきたがこのパターンは初めてだった。(笑)
正直なところ「何言ってんのこのおっさん?」と思った。

手術中(術部のみの麻酔だったため)、手術中ずーーーーっとこのおっさんが、
見習い?の先生?に「俺だからうまくできるけどお前じゃ…」とか、おいおい…聞こえてるんだが。
手術開始から終了まで、特に手術の手ほどきではなく、自慢話を延々と続けていたり…

かと思えば…いきなり「出ていけ」とか言い出すわで…

ただ、透析を受けていただけの私には何のことやらわけわからずで。
しかし、次の日「しかたない」のでとりあえず地元の病院へ行き経緯を話した。
だが、大学はまだ空きがない状態で私は透析が出来ないで約1週間過ごした。
前にも書いた気がするが…最初の2回くらいまではなんとか(具合は悪いが)…
だが、さすがに3回透析が出来ないと「マズいな」と思える状態に(;´∀`)

頭はくらくらするわ、体中に針を刺されたような痛みが走るわ…
「あぁ、マズい、これは死ぬかも…」と本気で思った。

地元病院の先生が必死に頼み込んだ結果「個室」なら入れますが?という大学から
の返答。
「個室」は「大部屋」と違い「別料金」がかかる。
1泊1万とかザラ(笑)

しかし、透析しないわけにはいかないので「個室でいいので」大学病院へ
結果3日くらい?個室だったが大部屋に空きができたそうで、大部屋へ移動。

で、なんだったのかというと…
どうもウチの母が「大学病院で診てもらっていたので大学へ行くのがよかった云々」と
信楽園病院の看護師に言った(らしい)それが→尾ひれはひれがついて→「酒井医師」の耳に。
酒井医師が「明日出ていけ!」の後に「そんなに大学がいいなら大学いけ!!」と怒鳴り散らして
去って行った…

病院にもよるだろうけど、患者の意思より医師の意思の方が格が高いらしい…
http://www.shinrakuen.com/section/nursing/item/kakubusho.html

HPではいいこと書いているようだが…
「酒井医師」もそうだが…後から聞いた話では、(女性)看護師に(故意ではなく)触れただけで
セクハラ扱いされるとかなんとか。

まぁ、この病院近辺で透析を受け入れられるキャパのある病院はここ(信楽園)しかないからか、
透析室はいつもいっぱいだったが…

もし、また緊急を要する場合でも私は「信楽園病院だけは行きません」と念を押しておいた。
(まぁ、信楽園側も私はすでに「出禁」だろうけど)

何が言いたかったかというと…
結局透析しなかった女性の話にもどるのだが…

1・自身で透析は受けないと書面に残している(旦那も)
2・死を直前にして「やっぱり透析してください」はおかしいと思う。
 (透析を続けない決断を「書面」で提示したにもかかわらずだ)
3・そこに「酒井医師」のように医師のご都合が介在していたのか?
4・でなければ医師は患者の意思を尊重したに過ぎないのではないか?

マスコミは3・を主立って話を盛っているが…
医師が「透析をしない選択肢もある」という話があった。
透析をしない=死、それを「選択」?…

いろいろ難しい問題が山積みだが、「酒井医師」のような「阿呆」もいるのが
今の医療らしいということが言いたかった。

問題なのは「酒井医師」も含め「報告(尾ひれをつけ)した看護師」、
「信楽園病院」…強いては「酒井医師だけかもしれないが看護師も問題あり」の体制。

長谷川豊とはまた違った意味で問題アリアリだと思うのだが…どうでしょう?

私は「アンタ死んで」と言われても生きますよ(笑)
※文書がわかりずらく申し訳ない…書いていて自分でもまとまりが付かなくなった。(;´∀`)








2019・03・20 きたきつね









NEW ENTRY  | BLOG TOP |  OLD ENTRY>>