FC2ブログ

mypotaling (まいぽたりんぐ)

身体障害者だけど走り続けます!!


MTBもどき(まとめ)

  1. 2020/01/08(水) 16:41:29|
  2. 自転車
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
とりあえずまとめてみようと思った、どうも私です。

なんだかんだでここまで引っ張ってきました「MTBもどき」シリーズ(笑)

基本OEM発注かなんかの中国産廉価MTBもどき(っぽいの)をどこまで弄れるか?
なんて発想からシリーズを始めたわけですが、収集が付かなくなりそうなのでいったん終了したいと思います。

とりあえず全体像を見ていただき。

DSCF2264.jpg

DSCF2263.jpg

昨日ブレブレだった「ラピッド・ファイアー(7s)」と、ベル(キャットアイの)
ベルのバンドはベル単体で使うにはやや大きすぎるのでインシュロックなどで代用した方がいいかもしれません。
(動かさない前提ですが)、キャットアイのサイコンなどで同じバンド(名称不明です)を使っている場合、
サイコン+ベルという取り付けも出来る様です。

DSCF2262.jpg

センターからリア回りまで。
この辺りはかなり弄ってあります。
BBをカップアンドコーンからUN55(115mm)に変更。
チェーンリング(クランク)を42Tから48Tに変更(バッシュガード(表裏)付き)
ディレイラーは6s用?のが初期状態から変えていない(7s化に伴い若干の調整はしたけど)
7sボスフリースプロケット…ボスフリーなんて…とは言わないでいただきたい。
立派じゃないですか。
スポークガードも変えたりしています。(MF-TZプロテクター)
TZってことはターニー系?

DSCF2268.jpg

ちょっと寄ってみる、7s化の問題点(スプロケのトップがフレームと接触してしまう)を解消するため、
シャフトの内側にワッシャー(M10)を1枚噛ませてあります。

DSCF2275.jpg

ハンドル全体像。

DSCF2274.jpg

販売サイトにはここで(ショック上側の3つの穴)で、ショックの角度を変えられると書かれていたが、
変えられません。
無駄な肉抜きであり、せいぜい写真の通りワイヤー受け(インシュロック)を通すくらいしか使い道が無い。
上の穴も下の穴もショックをセットしようとすると必ず上下どちらかのフレームに接触し、留める事ができません。

DSCF2273.jpg

スポークガードを裏?から見た図。
最初シマノのロゴがある方が外側(ホイールの)かと思って悪戦苦闘しましたが、
シマノのロゴがある方が裏です、で、数か所フックになっているのでボスフリーの裏側にある
接合部にはめていきます。(結構気合が要ります)
ボスフリーにはめたら、ボスフリーをホイール(ハブ)に取り付けましょう。

DSCF2269.jpg

最初、メーカーも分からない(かなり粗悪な)Vブレーキがついていました。
ブレーキは最初から交換する予定だったので、納車前に部品はそろえて有りました。
Vブレーキブースターは後から付けました…(いらないかも?(笑))
シマノ(SHIMANO)SM-PM70 パワーモジュレーターも前後装着しました。
前は90°、後ろは135°でした。

DSCF2272.jpg

チェーンリング(48T) …元は42Tだったのですが、試しに52Tを付けてみたが…
どうしてもフレームと接触するので48Tを探して購入、BBの長さを115mmにしたらかろうじて収まりました。
(多段変速ではないので収まればとりあえずOK)
チェーンガードがなんか安っぽさを助長していますが、いいんです、安物ですから。 ε- (´ー`*)フッ
ペダルは(私のなかでは定番の)ロックブロスの幅広ペダル。
回らないとかレビューで愚痴っている人いますが、漕いでいるウチにだんだん回るようになります。
というかここはあまりクルクル回らない方がいい(ほどほどに)。

DSCF2271.jpg

フロント前からバッグはモンベルのロード(フラットバー)で使っていたものを移植。
トップチューブ?バッグもロード(フラットバー)からの移植。
後は特記するほどの事はないのですが…ブレーキレバーはBL-T4000 にしました。
ディオーレの600番台とかもあったけど、そこまでハイスペック?なのは要らないだろうということで。

DSCF2270.jpg

リア回り、パワーモジュレーター(135°)90°だとワイヤーが外に出すぎてクランク回した時に
足が接触するので、急角度の135°をリアに採用。
個人的にこのバネショックがいただけないので、いつになるかわからないけどエアショックに変更しようと思う。

DSCF2266.jpg

サドル回り。
サドルはセラ・イタリアのre/med(のハズ)、なんか偽物臭いが(笑)
シートポストはヤグラ別の25cmがついていたが私には短すぎたので
30cmのシートポストに変更。
もう少しあってもいいかなぁ…あんまり選択肢ないけど。(40cmは確認済み)
一応?サドルバッグも付けておいた。
トピークのサドルバッグ(S?)、実はガレージオフで1000円で買った。
充電式のテールライトも付いて1000円!お買い得だと思った…が
付けてみるとなんか違うなぁ…(;´∀`)と思ったか、思わなかったか…
シートピン(シートを留める金具)はスギノの競技用のヤツをおごった。
SUGINO(スギノ) シートピン SEAT PIN CP 25mm、1320円!!
クイック等ではないので盗難防止?になるかなぁ?と。

というわけでとりあえずまとめてみた。
いくら使ったかって?、それはナイショ(笑)
(あきらかに車体価格よりもパーツ代の方が高い事だけは付け加えておく)

フロントサスフォーク(1インチ)…これ何とかならないのかなぁ…
分解しようにも留めネジがわからないし…
まぁ、取り換えようにも1インチスレッドじゃねぇ…
取り換える必要が出る頃には廃車かなぁ…(´Д`)ハァ…

フロントはちょっと交換できそうにないのでリアのショックはエア式に変える。

さすがに重さが半端なくてロード並みのスピードは出せない(笑)
大体20km/hって所でしょうか。
まぁ、ちょっとそこまで…くらいには十二分につかえます。

リアのショックより後ろのフレームが思っていたのとちがって多段化はあきらめざるを得なかった。
チェーンリング多段化を考えているかたはこのスリーストーンのルック車は無理なので先に言っておきます。
取り付けられるシングルチェーンリングも48Tが限界です。(BBはUN55(115mm))
チェーンガード無しで、BBの長さ次第では50~52Tもいけるかも?(あくまでシングルで)

というわけでさらっと履歴を漁ってみました。
まぁ、安物ですが、弄る事を前提ならそこそこ楽しめる1台です。
本体は大体1万2千円前くらいです。
ちょっとそこまでとか、弄りたいとかいう方には向いていると思います。











2020・01・08 きたきつね











NEW ENTRY  | BLOG TOP |  OLD ENTRY