FC2ブログ
  • 2019_08
  • <<
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • >>
  • 2019_10

mypotaling (まいぽたりんぐ)

身体障害者だけど走り続けます!!


シュタゲ・オクテット

  1. 2019/03/10(日) 21:07:12|
  2. ゲーム
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
今日はゲームネタです、どうも私です。

STEINS;GATE 変移空間のオクテット をやりました。

STEINS;GATE(以下シュタゲ)はいい。

話の内容というか、中身の深さというか…

主人公(岡部倫太郎・鳳凰院凶真)の仲間(ラボメン)へのなんていうか愛?
というか、「大事な」仲間!!という、自分の危険も顧みず仲間を救おうとか、それに至までの
話の濃い事濃いこと…
とりあえずゲーム化されたタイトルはほぼ入手しクリア?しました。(完全じゃないけど)

最後まで買うか悩んでいた「STEINS;GATE 変移空間のオクテット(8Bit)」も買いました。
まぁ、わかってはいたんですが…
Windows10(64Bit)ではエラーが出て動きません。
回避策もあるにはあるのですが…
レジストリ弄ったり、DLL追加したりと…かなり危険。
1回起動に成功しても、次回からエラーが出る…

ちなみにWindows10(32Bit) のノートにインストールしたけどなんの問題もありませんでした。
理由?は分かっているのです、解決策も分かっているのですが(あくまで一時しのぎ)
Windows10(64Bit)でやるのは難しいです。

STEINS;GATE

PC内にあるシュタゲ(笑)
「だーりん」だけはないけどPS3版があるので。

結局オクテットは…パッチファイルでも作って…まぁそこまでする必要もないか…
しかし…ベース(プログラム)が「吉里吉里」って…昔は万能言語(ゲームスクリプト)だったけど…
まぁ、オクテットもかなり昔のソフトだからしかたないのか…

吉里吉里…昔そういえばサークルでゲーム作ろうって話になった時使おうとしてたな…吉里吉里…
今じゃすっかり忘れちゃったけど(笑)

シュタゲ大好きな私としては最後の最後に「8Bit」をと思っていたけど…
動かんとは…orz
いや…厳密には動くけどもにゃもにゃ…

STEINS;GATE 変移空間のオクテット

3時間かけてクリアしました(笑)

STEINS;GATE 変移空間のオクテット2


この画風…懐かしいですね、昔のPC88時代のADVみたいな(笑)
いろんなPC(機種)のCG・BGMで遊べるんですが…漢字対応はPC88?時代のだけっぽい。
後は「カナ」とか「かな」とか(笑)
ただでさえ読みにくいセリフが「カナ」とか「かな」だとわけがわからない。(笑)
MZシリーズのグリーンディスプレイの再現とか笑えた(笑)
気が向いたらやってみようと思う。

線形収束の…はELITEのバンドル(steam)でついてきたけど…
私としてはむしろELITEの方がバンドルでは…(失礼)、PS3版を先にやってしまっているので
話は大体覚えていたんですが…何度やっても「泣けます」ね。
興味ない人にはどーでもいい話でしょうけど。

岡部(凶真)のやさしさと言うか、仲間思いというか…最初はダメダメな感じだったのに
話が進むたびに彼の思いがひしひしと伝わってきますね。
私にはそんな「仲間」がいないのでうらやましいというか…なんか妬けてしまいます。

DSCF2021.jpg

OS(Windows10PRO(32bit))がもっさり起動するノートPCで「問題なく起動・ゲームできました」
エラーもでません。

じゃぁ、なぜ64Bitでは…という話になるのですが…正直かなりめんどくさい話なので割愛します。

今はPCに入れた(steamの)線形収束のフェノグラムをぼちぼちやっています。
シュタゲ・(ゼロも含む)やった人なら涙腺が緩むこと請け合いです。
2枚目のSSの壁紙になっている2人…の話は泣けます。
謎?が残っていますが…それはそれでいいのでは?と思うのです。

変移空間のオクテットについてきた「秋葉原マップ」…役にたたねぇ!!(笑)
場所と場所のつながりがわかりにくいし、マップ見てもあんまり関係ないし…

なんて、文句言ってられる私はまだ幸せなのかもしれませんね。(笑)

明日は…ですからね…。
さすがに今年は行けませんが。
まぁ、遠からず私も逝くとおもいますので、ちょっとまっててねっと。(帰らぬ友人に)



エル・プサイ・コングルゥ…








2019・3・10 きたきつね








<<人工透析中止問題に思うこと。 | BLOG TOP | 梅宮辰夫を考える。>>

comment


 管理者にだけ表示を許可する
 

trackback