FC2ブログ
  • 2019_06
  • <<
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • >>
  • 2019_08

mypotaling (まいぽたりんぐ)

身体障害者だけど走り続けます!!


なんだか忙しい1日

  1. 2014/01/04(土) 23:31:45|
  2. パソコン
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
気が付けば23時、どうも私です。

弟の嫁さんのPC(NECノート)が起動不良、でいろいろ調べてみたが…
最近の(メーカーPC)はリカバリーディスクも付いていないんですね…orz
OEM版で起動して修復セットアップできないかと試してみたがダメでした。
考えられる原因は2つくらい。
・MBR(マスターブートレコード)の破損
・物理的破損

LinuxでCDブートしてドライブを見るとちゃんと見えるので物理的破損は無いかなぁ?
MBRを修復しようにもOEM版ですら弾かれるのでできない。
メーカー修理が妥当かなぁ…
電気屋(購入店)にメーカー修理出すと新しく買うのと変わらないくらい(修理費が)とられるよ?
といわれたらしい。
何を基準に言ったのかはわからないが。
物理的破損が疑われる点としては…
同容量、同メーカーのHDDを入れ替えてみてもブートできなかったため。
Linuxをインストールした同容量、同メーカーのHDDと入れ替えてみたが
これも起動せず。
(ほかのPCで起動は確認済み)
もしかするとHDDのI/Fが壊れている可能性も無いとは言えない。
ちなみにリカバリーCD(DVD?)を頼むと8千円くらいするらしい

最近の車もそうだしPCもそうだが「壊れたらメーカー修理」と言うのが当然になっているのだろうか?
自分は基本PCは自分で組み立てるし、車も乗っていた頃は整備は自分でやっていたし。
PCに関してはトラブルシューティングもかなりの数こなしているので大半の問題解決はお手の物(だと思う)
しかしメーカー製でノートPCというのはいろいろ難しい。
HDDのフォーマットが独自だったり、基本いじらせない作りになっている事が多い。
ノートPCの場合特にそうだ。
メーカー製ノートPC(ネットブック含む)は買ったらまずリカバリーCDの有無を確かめ
無いならおそらくリカバリーCDを作れるはずなので作っておく。
この最初の手間をしないとイザ壊れた時に泣きを見る事になる。
基本HDDは消耗品である、自分のPCも今まで何度と無くHDDが壊れ入れ替えて来た。
最初はXP→VISTA→7とアップデートを繰り返したのだが
結局XPはすでに手元になく、再インストールができない状態に…
今回はあきらめて7(Professiona)のDSP版を購入した…

しかし…DSP版でのインストールすらできないと言うことはやはり物理的破損なのだろうか?

昔からそうだがメーカー製PCというのは信用ならない。
自分で作ったモノならば不具合がおきても特定するのは容易だが
メーカー製PCはトラブルシューティングもままならない。
とにかく面倒くさいorz

そんなに年代モノでもないようだし保証期間内なら保障で直せる可能性も無くは無いんだが…
どうしたものか…







※本日のBGM 現実的論理主義者 http://www.youtube.com/watch?v=L9AevXojMcU













<<レストア!!(4?) | BLOG TOP | 年明け早々(2)>>

comment


 管理者にだけ表示を許可する
 

trackback