FC2ブログ
  • 2018_09
  • <<
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • >>
  • 2018_11

mypotaling (まいぽたりんぐ)

身体障害者だけど走り続けます!!


読書の冬(3

  1. 2014/02/03(月) 17:41:48|
  2. 本(小説・漫画など)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
形あるものはいつか壊れるものだ、どうも私です。

形あるものはいつか壊れるものだ…昔ある人に言われた言葉。

今日はダルくて1日寝ていたんだけど、寝ていたらそんな事を思い出した。

経緯を話すと長くなるが…まぁいいだろう。
以前、列車見張員という仕事をしていた時。
ある現場に居た、その現場は監督以下親会社の面々が非常に厳しい人たちで
会社では「あの現場で認められれば一人前」と言われていた。
その現場の列車見張員を取りまとめていた監督がとてつもなく堅物で(笑)
立ち位置1cm違うだけで怒鳴るという人だった。
現場の人間全員から恐れられていた人なのだが、自分も最初は怖いだけの人
かと思っていたがある事件(?)をきっかけに厳しい人だが悪い人ではないと
思い直した。
その日は新潟でも記録的な大雨でした。
現場に行こうにも道は水であふれかえり車で通りぬけるのは難しい状態でした。
しかし、現場に遅れて行こうものなら「帰れ!」と一喝されるのが見え見えだったので
「南無三!!」と明らかに1m近く水没している道を通り抜け現場へ
(車の窓近くまで水に浸かった)
水に浸かった時止まると間違えなくエンジンが壊れます。
アクセルベタ踏みで突っ込んでなんとか抜け出しました。
現場事務所到着したものの… (._. )( ・_・)(・_・ )( ・_・)アレ?だれもいねー(笑)
とりあえず道具を準備して現場へ歩いていくと…
現場は列車橋梁がある川なのですが…
現場が見事に流されていました(笑)
とりあえず状況を確認するために現場に近づこうとしたとき
足が滑り持っていたメガホンで支えようとしたのですが、メガホンが見事に壊れてしまいました。
親会社のモノなので怒られる事を覚悟して監督に報告したとき。
「すいません、メガホン壊してしまいましたm(._.)m ペコッ」

「形あるものはいつか壊れるモノだ、気にするな」と監督。
怒鳴られる覚悟で言った手前あっけにとられていたんですが、
「ぐずぐずしてないで道具置いて土のう作るの手伝え!!」
…えーでも列車どうするんです?
「この状況だ列車なんか着やしねぇからさっさと手伝え!」

こんなやり取りがあってからその人は仕事に厳しいが人間としては強い人なんだなと
思うようになった。
人を印象や見た目だけで判断するのはそれ以来やめた。

あ、話がちがった(笑)
今日も昨日の続き(というかネタが思いつかなかったので(笑))
DSCF0108.jpg
ベッド横の自分の宝である本棚…(の一部)
最近のお気に入りは「悪ノP mothy」氏の本、悪ノシリーズ。
ほとんどボーカロイドの歌から小説家された本ばかり(笑)
まだ読んでいないモノもあるけど…
DSCF0109.jpg
たぶんこの歌に出会わなければまた「明日は死ねるだろうか?」なんて考えて生きていたに違いない。
「悪とは何か?」「ガラスの小瓶」「生きる意味」などなど深い中にも意味をもった、歌だけではわからない部分を
小説で事細かに再現されていて、そして物語を大きく広げるという歌を作り、本を書くなんて「悪のP」氏はすごい
なと思った。
DSCF0110.jpg
もちろんほかのP氏もすごいが…自分の中では「悪ノP」一押しであります。

また次の機会に内容など少しでも紹介できたらなと思っております。
「千本桜」は…歌と小説の内容が(現2巻では)まだ合致していない気がするので
歌を聴いて内容に興味を持って小説を読んでも「?」(自分がそうだけど)だと思います。
今後に期待!!か?

にしても…先日書いた気がするが…メガネがないと文字が読みにくいorz
(障害者)年金もらったらメガネを買いに行くか…




※本日のBGM シリョクケンサ https://www.youtube.com/watch?v=aB-pIUzPB-I








<<春までに | BLOG TOP | 読書の冬(2>>

comment


 管理者にだけ表示を許可する
 

trackback