FC2ブログ
  • 2019_06
  • <<
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • >>
  • 2019_08

mypotaling (まいぽたりんぐ)

身体障害者だけど走り続けます!!


恐るべし子供(笑)

  1. 2014/04/05(土) 17:53:07|
  2. 世論
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
つぼみが割れてもうすぐ桜の季節、どうも私です。

今日、透析が終わり公園を見て回ったらようやくつぼみから花が見えました。
後10日おしないうちに桜が見れるでしょう。
ロードの慣らしも兼ねて桜を見に行こうかな。

まぁ、今日のネタはそれではなく。
5歳の子がXbox Oneのセキュリティ破りに成功?Microsoftから感謝状
おぉ、久しぶりにセキュリティなんて言葉聴いたな(笑)

記事全文
ぼくは5歳のとき、かなり賢い子だったと思う。ほかの子たちは、自分の鼻くそを食べていたが、ぼくは食べなかった。幼稚園で金星をいくつもらったと思う? 全科目だよ。

でも、一つだけ、ぼくがもらえなかったものがある。それは、セキュリティの脆弱性を見つけたことに対するMicrosoftからの感謝状だ。この子は、それをもらった。

Microsoftの本社ではきっと誰かが、がっくり落ち込んだと思うが、5歳の子が、パパのXbox Oneのパスワードなんか知らないのに、ログインに成功したのだ。

どうやって? パスワードを求められたとき彼は、スペースバーをたたきまくった。すると、理由は分からないが、見事にログインできた。この方法は、何度でも使えた。

これは、遅すぎたエイプリルフールか? ではなさそうだ。Kristofferちゃんがスペースキーを1337回たたいたという話は、ロサンゼルスのABC10のニュースで報道された。それによるとMicrosoftは、そのバグに真剣に対応し、バグにパッチを当てたあとで、Kristofferにセキュリティ貢献者のクレジットを与えた。

たしかに、Microsoftの3月のセキュリティ認容リストには、Kristoffer Wilhelm von Hasselの名が載っている。そこに載っている人たちの中で、Twitterのアカウントがないのは彼だけだ。若すぎて、Twitterのアカウントはもらえないのだ。

まあそれは、子どもがバッファオーバフローをやらかしてリモートのコードを実行し、Xboxをトースターにしてしまった、などの本格的なハッキングの話ではない。でも彼は、何かを試してみて、そしてそれがうまくいったのだ。Microsoftが、ユーザはこんなことを絶対にしないだろう、と無意識裡に考えていたことを、彼はやった。彼自身にもそのことが分かるので、ややナーバスになってる。それが、この子のすごいところ。

将来、大学の入学申請書類を書くときには、必ずこのことを書こうな、Kristofferくん。“5歳でMicrosoftからセキュリティ貢献クレジットを授与”、と書けば、どんな大学でも大歓迎だ。

[出典: ABC10News]

おぉ、5歳!!すげー(笑)
きっと彼は後の世に名を残すだろう。
就職先はマイクロソフトか?(笑)

最近の若い(この子は若すぎるが(笑))連中はすごいな。
自分が何年もかけて覚えたPCも当たり前のように扱うし。
んー、ただ危惧されるのが思考の偏り。
まぁ、それもいずれ正されることだろうから心配する事でもないか。
いずれこういう人たちが世界を変えていくんだろうな。
スティーブジョブスやビル・ゲイツのように1からこつこつ積み上げて
地位を得た人もいれば、偶然の産物で地位を得る人もいる。
自分はどちらも中途半端だが(笑)
これから世界は面白い事になるのかもしれないな。




※本日のBGM 針音の時計塔(しおんのとけいとう)https://www.youtube.com/watch?v=5rU34TZfx6s
この曲はかなり好き、サブタイトルがhandbeatclocktower と言うのだが、
この曲の前にheartbeatclocktowerと言う曲があった。(心音の時計塔)
どちらも「悪ノ娘」の話しの1部ではあるが、こちらは小説「悪ノ娘」4巻をモチーフに書きなおされた曲。
「時計塔の頂上、椅子に座り微笑んでいる貴女は悪魔かそれとも私の母なのか…」このくだりがかなり好き(笑)
まるで自分の母を指しているような気がして(笑)
heartbeatclocktowerは悪ノ娘の時代からかなり後のガレリア・マーロンが悪ノ器を集めた後の話しで
ガレリア・マーロンは強欲な裁判官、歩けない「娘」を助ける(?)ため7つの大罪の器を集めるため金を欲した
罪人も金さえ出せば無罪とし、
金を出さない冤罪者はすべて有罪としていった。
いずれ、それが反感を買いガレリアはいとしい「娘」とともに断罪される。

針音の時計塔は「悪ノ娘」の中の一説。
七つの大罪 https://www.youtube.com/watch?v=gXP6YzJItc4
これですべてではないが。(2h近く長いので閲覧注意(笑))







<<工作の1日 | BLOG TOP | ようやく別ネタ?>>

comment


 管理者にだけ表示を許可する
 

trackback