FC2ブログ
  • 2019_06
  • <<
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • >>
  • 2019_08

mypotaling (まいぽたりんぐ)

身体障害者だけど走り続けます!!


ブタの膵臓再生に成功 再生医療の実現に道

  1. 2013/03/04(月) 19:43:15|
  2. 病気
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
いぜん i PS 細胞について書いた事がある。
まだまだ未来の話しかもしれないが、明るい兆しの話しが舞いこんできたので一筆。


ブタの膵臓再生に成功 再生医療の実現に道

なんの事だ?と言う人は読む必要はない。

糖尿病の話しなんだが、これは画期的だと思う。
iPS細胞により再生医療が目ざとく進化しつつある昨今、患者にとってはかなりの朗報だろう。
かく言う自分も小学生の頃からこの手の話については色々考えてきたので
ついに光が見えてきたと踊りだしたい気分である。

自分が小学生の頃、インスリンはまだ精度の問題があるヤギやブタから摂取した物で
共に糖尿病と戦った友人も何人か他界している。

※ 昨今は人型が支流で、人の成分と同じなのでそういった問題は起こりにくくなっている。

そんな30年前に夢物語として語られていた話しが現実味を帯びてきているのは喜ばしいことだ。
しかし、問題が無いわけではない。
倫理という壁が存在する。
倫理上の問題があるとして政府機関が首を縦に振ろうとしない(法改正が必要らしい)。
故に可能であっても現状ではそれを試すことが出来ないという事になる。
(昔、ブタやヤギの臓液(インスリン)を使っていたのに…)

確かに問題があるモノを使うのはよろしくない。
だが、その問題の手前で立ち往生させられてしまうのはいかがなものだろう?
自分は政治は詳しくないので、そこらへんのオトナの事情って言うのはわからないが…
せっかく手がとどきかけた希望を壊すような事だけは避けてほしい。
自分がそれを使って良くなりたいのではなく、(良くなればなお良しだが(笑))
それを必要とする人が星の数ほどいるという事実を忘れないでほしい。

きっといつか、病気にも立ち向かえるそんな日が来るのを心待ちにして…




<<先日の | BLOG TOP | DX7II-D!>>

comment


 管理者にだけ表示を許可する
 

trackback


<<先日の  | BLOG TOP |  DX7II-D!>>