mypotaling (まいぽたりんぐ)

身体障害者だけど走り続けます!!


眠れない。

  1. 2014/09/06(土) 07:22:06|
  2. 思った事
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
昨日から一睡もしていない、どうも私です。

原因はまぁ、いろいろなんですが。

先日(?)ブログに書いた「世捨人」のブログが気になった事。
相変わらず鬱状態が続いていること。
生理的問題。

下2つはまぁ個人的な問題なのでスルーします(笑)
あぁ、でも昨晩友人2名が押しかけて(失礼、訪ねてです)来て話をしていた時は
気が紛れて鬱もそれほどではなかったのですが帰って(23時頃?)しまってから
急に呼吸が乱れ、頭痛が始まり、またいつもの状態にorz

あぁ、「世捨人」さんのブログを可能な限り読んだのですが(眠れなかったので)
まぁ、言っている事は支離滅裂で常人には到底理解できない内容ですが、
はたして?自分の道路交通法(軽車両)についての知識に間違いはないのだろうか?
と思い、それを調べてみました。
100%間違いない(欠如もない)と言うわけではありませんでしたが、95%はおおむね
自分の知識に間違いはなかったようです。

そしてどういう経路でたどり着いたのか思い出せないのですが
世捨人さんの経緯?を知ることが出来たブログに行きつきました。

しかし…なんで「世捨人」さんは競技用自転車(ロードレーサー)を毛ぎらうのか
疑問でしたが少しわかった気がしました。

あぁ、ちなみに法的にですが競技用=ロードレーサはXです。
ロードレーサー(ブレーキのあるモノ)は一括りに「自転車」になります。
えと、全長190cmを超える、横幅60cmだったかな?を超える「特殊自転車」(でよかったかな?)は別です。
自分のロードが全長何cmか測った事はないので今日にでも測って見るつもりです。
実際見たことはないですが、リカンベントとかは190cm超えるモノもありそうですが…
自転車と定義されない自転車?は何になるのかまでは分かりませんでしたorz

あぁ、で「世捨人」さんの話に戻るのですが、読んでいて面白いと思ったのが
自転車のブレーキを前後両利きの片手で操作出来て確実に止まるように法を定めるべきである。
(で良かったかな?)と言う記事。
これにはさすがの自分でも分かるが、2輪車でそれは不可能です(いや理屈的にです)。
コメントでさんざん炎上していましたが、自分も反「世捨人」たちの意見には同意します。
なにか?って「前後両方同時に停止(ロック)するほどのブレーキを掛けたとき、自転車(2輪車)はどうなるか」
簡単に言えば普通にこけます。
駆動輪2つが同時に止まるのです、制動力を無くし、前へ進めないのだから横に倒れるしかありません。
彼は「道路の安全のため」と語っているのになぜ、転倒を促進するようなシステムを提案するのでしょうか?
理解できない、と言う声が多い事は当然です。
面白いのがその話のコメントが数年に渡って続いている…事ではなく。
彼が途中から「いや、ABS(電子制御ブレーキアシスト)を付けろとか言い始めた事」
前後止めたら横転するだろと言われ、こまごまとなぜ2輪のブレーキは片方ずつ、前後で独立しているのか
を窘められ、途中からでは前6、後4の引きにすればいいだろと自論を覆したことです。(笑)
そして話はソレにソレていつの間にか自転車にABSを付けろと言う話になり…
なんかもう話が支離滅裂です(笑)

ちなみに彼は「電子制御」を全面的に信用しているようですが…
きっと彼は21世紀から現世へ渡航してきた宇宙人なんだろう(某缶コーヒーのあの人みたいな)と思ったり
思わなかったり(笑)

彼に賛同は出来ないが、自分の道路交通法に対する見直しをさせてくれた事には感謝します。(笑)
どれだけあのコメントに書き込もうかと悩みましたが日本語が通じないようなのでやめました(笑)

彼に限らず、自転車を乗る人に聞いて見たい事があります。
自分は(重度)障害者(第一級)ですが寝たきりではありません。
そんな自分がロードに乗るのはどう思われるでしょうか?
自転車が好きでいままでMTB(ルックを含む(語弊があるが))、ランドナーなど
色々乗った結果、自分の体力維持、可能なら体力増加にベストだと思ったので
現在ではロード(高いものではないですが)に乗っています。
なんて書くと偏見や馬頭が飛び交いそうですが…(笑)


やっぱり辞めときます。
障害者への偏見や差別を助長してしまいそうで。
なら消せよ!と言われそうですが本心なので斜線だけ入れさせていただきます。
自分に対する偏見や差別、馬頭などは受け付けますが、障害者に対しての場合は
人権侵害で訴えますのでご了承ください。
上記(斜線)はあくまで個人的に興味がある事項であり、障害者だからどうのと言う話ではありません。

自分にとって、生きるための張合いである自転車を法、ルールを守り乗っている(ハズ)なので
その辺りは加味していただけると幸いです。

また透析が終わって帰ってきたらもう一度自分の道路交通法に対する認識が合っているのか
確かめたいと思っています。

気が向いたら続きを書くかもしれません。

上文(斜線)に嫌悪を感じた障害者の方がいましたら申し訳ありません。




管理者:きたきつね







<<続き(じゃないな) | BLOG TOP | 鬱?>>

comment


 管理者にだけ表示を許可する
 

trackback