mypotaling (まいぽたりんぐ)

身体障害者だけど走り続けます!!


脱線したが。

  1. 2014/09/06(土) 20:04:00|
  2. 思った事
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
世を捨てた人の話にもどる。

当人は「車道を走るロードレーサーは速度の速い後続車に道を譲るべきである」とブログで寝言を言っていた。
まず、日本語の使い方が間違っている…のは全員指摘しているがまぁ、正直そんなことはどうでもいい。

当人(世捨人)はロードバイクは歩道を走るように法規制すべきである と論じている(ジャーナリストとして)
まっとうなジャーナリストが偏見の目で見られるからまず、「ジャーナリスト」を名乗るのをやめた方が良い。
あと、道路交通法の解釈で行けば(現行の)後続車が先行車両を追い越す際、後続車両は十分な注意をし、
先行車両の通行の妨げにならないように走行しなければならない。
自転車(軽車両)、自動二輪、自動車、を総称して「車両」と呼ぶそうだ。
歩行者は左のすべての「車両」から見て交通弱者となる
ので当然、「車両」は歩行者の安全を第一にしなければならない。

マナー、道路交通法云々以前の問題。

道路交通法では軽車両は標識等で示されていない限り極力車道左側を走行しなければならない。
車道を通行する際、自転車は「車両」扱いになるので道路交通法に定められた方法で車道を走行しなければならない。
だが、この世捨人は「自転車(暴走自転車だったか?)主にロードバイク、ロードレーサーは歩道を走れ」と論ずる。
交通弱者に自分の罪(自転車に対する)を押し付けているだけではないのかい?

自動車から見てロードバイクは「危険」だから歩道を走れとおっしゃる(笑)
ロードバイクに限らず自転車が歩道を走った際の歩行者への懸念は一つもない。
すばらしい、「ジャーナリズム」だ(笑)

なお、世捨人は都内か近郊の話ばかりするんだが…
たとえばここ。
ど田舎である、歩道は申し訳程度に整備されているが(ない部分も多い)
幅1mにも満たない歩道を自転車が闊歩したら、自分の足りない頭で考えただけでも危険は少なくない。
・自転車のハンドル(車幅)は60cm以内で、あると法律では定められているらしい。
・1mに満たない歩道を幅60cmの自転車(軽車両)が通行したら歩行者はどこを歩けばいいのだろうか?

ちなみに、世捨人が心配するまでもなく、現在自転車のあり方が見直されてきていて、
昨今のエコブーム、トレーニングとしての自転車は国も認め、47年に施行された道路交通法そのものの
見直しが必要であるとしっかり認知している。
当初のバブルや技術の進化により「自動車」が街に蔓延した当時の道路交通法では車に対する規制、法整備
を主とし、軽車両は枠の外の話であった。
だが上に書いた通り、国民の自転車に対する認知度が高まった昨今、47年当時の法規制ではニーズに合わない
ため、世捨人の思う通りではないが、彼のニーズに近い環境整備を各地方に促しているそうだ。
ただし、これは都市部(東京などのくくりではなく各地方の)中心部では自転車専用レーン等の整備は進んでいるが
日本全国津々浦々すべてをそう完成させるにはたぶん自分が生きている間では無理だろう。

道路交通法について調べて見たが、確かに自動車ありきな項目が多い、(s47年当時)
現在の都市環境を見ても当時のままでは法的に追いついていない、矛盾があるなどの問題が多々ある。

個人の偏見をうだうだと語っている彼はどうでもいいが、彼の話はまさに47年当時の「車ありき」でしかない。
もっと広い目で見ろとさんざんコメントが炎上していたが…昭和の頭(自分もそうだが)が焼き付いている人間
からすると「それが当たり前」と勘違いしてしまう所が無いわけではないだろう。
まぁ、彼の場合「ジャイアニズム」が過ぎるのでそれにすら値しないのだが(笑)

ここ最近、鬱で生きているのか死んでいるのかわからなかった自分にやる気を取り戻させてくれた
だけは感謝しなくてはならないのが残念でしかたない。(笑)

いろんな意見があるのは分かるし、彼の意見も「意見」としては一つの意見なんだろう。
(到底容認できる意見ではないが)

あと、さまざまな人が「自転車にも罰則(罰金刑)、免許制度、ナンバープレートの義務化」などをと言う声が多々あるが
「(現)道路交通法」(昔はわからないけど)では罰則(罰金、懲役)は法の上では存在する。
自転車(軽車両)も「車両」なのだから。
自分の主観でしかないから推察でしかないのだが、警察がいちいち自転車1台1台取り締まっていたら…と言う話を
どこかで聞いたことがある、さらにダークな話としては自転車を取り締まるよりも車の方が罰金が…などという話もあるが
昨今自転車が「道路」を走る以上「車両」に当たるわけだから罰則はなくてはならないと自分は思う。
抑止力のための建前だとしてもだ。

あと、彼が言うロードバイク=暴走車両と言う見解は是非取り下げてもらわなければならない。
通常(ではない人もいるので論議になるわけだが)、特にロードバイク(ローディと称されているらしい?)乗りなら特に
道交法を順守しまじめに走っている人が多いと自分は思っているんだが…

自分はスポーツとしてのロードと言うよりも体を動かすためのバイクという意味合いで乗っている部分が大きいので
車道を走っても鍛え上げたローディには遠く及ばずせいぜい30km/hが最高速度、巡航速度は20km/hほどだ。
もちろん道路交通法は順守して走っている、もしものためにヘルメットは近かろうが遠かろうが必ずかぶりしっかりその
都度調整してから出発する(当たりまえの事だが)、なぜか?
彼も言うように「いつ何が起こるかわからい」からに他ならない。
自分で転倒するかもしれないし、車に接触するかもしれない、いずれにせよ最低限、頭は守らなければいけない事は
イヤと言うほど良く知っているので(理由は割愛するが)
自分で転倒した場合でも誰かに助けを求めなければならない事もあるだろう、車や歩行者をよけようとして転倒する事
だって考えられるし、ウチの近辺は道路に面して家々が立ち並び駐車場も道路からすぐ家の前にある場合が多い。
新潟県は車のマナーが悪いなどという悪評があるがそれは否定しない。(笑)
車庫に頭から入り停車、出る時はバックで車道にでる、これは日常茶飯事、恐ろしいことに(笑)
バックで出る時歩道をまたぐわけだが、どういうわけか運転手は歩道に注視せず、車が来ていないかを先に
危惧する。
歩行者、自転車はほぼ眼中にない場合が多い。
車に乗っていないお前に何が分かる?といわれそうだが…車を運転していた頃もあるのではっきり言える。
この街の7割はそうだろうと。

だから、法がどうのの以前にマナーと言うモノを全員が意識しなければならない。
これは歩行者、自転車、自動二輪、自動車(その他含む)すべてに言えることじゃないか?

世捨人も法の改正を祈る(祈っているだけ)ばかりではなく、自分で国会議員にでもなって自分で変えていく
努力をするべきだろう、それをする気がないのに祈っているだけでは何も変わらない。
そもそも「祈る」の意味を取り違えている事に気が付かないのかな?(笑)

道交法に付いて書くつもりだったが、結局彼の非難ばかりしてしまったが後悔はしていない。
道交法も年々変化しているし、いつまでも昭和の「常識」が通用するはずもないから。
そういう意味では日本はまだまだ発展途上なのだろうか?
いや、いつまでもか(笑)


「世捨人」については「世捨人」で検索すると彼のブログが上位にランクしているので参考に見て見るといい。
「世捨人」に関する論議、非難に付いて調べて見るのも面白い。
あぁ、ただ彼を煽るのは止めておいたほうがいい、無駄だから(笑)彼のブログを見れば納得できる。(笑)
「炎上」の意味(本当の)もようやく理解できた(笑)
彼もFC2ブログなのでブログの書籍化出来るので自己出版してそれをインターネットに触る機会のない人
たちにも彼の意見を広めればいいのに?と思ったのは自分だけ?(笑)






※本日のBGM 現実的論理主義者 https://www.youtube.com/watch?v=tIrTiXw6N7M

作者(P)とIA(Lia)ファンの人、IA(Lia)本人に怒られそうだが…
なんか内容がぴったりなので、チョイス(スイマセンorz)








<<検証? | BLOG TOP | 続き(じゃないな)>>

comment


 管理者にだけ表示を許可する
 

trackback