FC2ブログ
  • 2018_11
  • <<
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • >>
  • 2019_01

mypotaling (まいぽたりんぐ)

身体障害者だけど走り続けます!!


もう少し頑張ってみようかな

  1. 2016/04/01(金) 14:45:20|
  2. 病気
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
しばらくぶりの、どうも私です。

懲りずにまた?入院中(現在も入院中ですが(笑))だったもので(;´・ω・)
(エイプリルフールネタではありません(笑))

左腕グラフト(人工血管)以前、入院したときに手術したのですが、
1週間ほどで閉鎖(血栓)してしまいましたorz

もうあちこち手術してまともに使える部位(血栓の無い部分)
がもうないらしく、血栓除去手術を入院後すぐやったのですが、
残念ながらこれも失敗。

主治医に「もうメンドクサイから死んでもいいですか?」と問うと
「その時は念書書いてもらいますから」と言われました。
それさえもあーメンドクサイと思ったけど、不意なサプライズが先日ありました。

以前、当ブログを見て(だったかな?)メールをくださったご家族が
突然(笑)、見舞いに来ました。(笑)

詳しくは書けませんが、幼少の彼女に「わたしもがんばるから、きたさんも頑張って」
と言われました。
この一言が自分が如何に弱く、愚かかと考えなおしました。

友達は片手で足りるほどいます。
しかし、病気について気にしてくれる(本気で)は残念ながら居ないようです。
皆忙しいですからね、仕方ありません。

どうせ死にぞこないだからもう少しがんばってみようかなと思ったのです。
透析やら、グラフト(人工血管手術)やらシャント手術を行ってきましたが、
だんだん選択肢が無くなってきています。

最後の賭けになるかもしれませんが、既存の左手グラフトの血栓を除去し
左手一杯にグラフトを伸ばすという手術が今のところ一番有益であると判断されて
それに賭けて見ようと思います。

それも何年持つか、場合によってはまた数週間で血栓ができてしまうかもしれません。
それでも、生きる道があるのであれば足掻いてみようと思いました。

彼女と約束しました、ハイタッチもしましただからやっぱり自分はもっと頑張らなければ
ならないと思いました。

またしばらくこのPCを触れない期間がふえそうですが、「がんばる」と約束した以上、
最後の力を無駄かもしれないけど足掻いてみたいと思ったのです。

手術まで2週間ほど時間が必要なようです。
手術後すべて落ち着くまでさらに2週間…

また「彼女」と会うために、今度は突然ではなく、ゆっくりといろいろ話せるように。
「彼」もいました。(笑)

「彼女」はきっと今後いろんな困難にぶつかるでしょう。
でも彼女ならきっとそんな困難も乗り越えてほしいと思います。
病気だからなんだのとあきらめず、幸せな人生を送ってほしいのです。

私もあきらめず、最後の最後まで足掻こうと思います。

「彼女」に「ありがとう」と言える日がまたくる事を願いながら。

もう少し…頑張らないといけないな。
先に逝ってしまった親友と再会するのは少し先になりそうだけど。
きっと、許してくれるだろう、そういう人だったから。
もうすこし、もうすこし、もうすこし待っていてください。
この数日で起こった「奇跡」を肴に遠い世界でまた彼と語り合おう。
またバカな政治論を語り合う日がきても、自分はもう「後悔」はない。

「後悔」なんて20歳の時捨ててきた。
ただ、「彼女」との約束は果たさなきゃいけない。
辛くても苦しくても、痛くても。

「彼女」がくれた「希望」を大事に、これからも1秒でも長く
生きてみたいと思った。

あの世で待つ「彼(兄貴)」(私の親友だった彼です)に会える日も楽しみだけど、
彼女の兄とは別人ですのでご注意を。
彼女の兄にはもう少し世界を広く見てほしいかな。
道は自分で作るものだから。
道は1本じゃない。

ただ、今は彼女が幸せな人生を送れるように見守りたい。
唯一のせつな願い。

また、会えたらどこを案内してあげようか、
また会えたら何を話そうか。
自分に何かしてあげられるだろうか?
考える事はたくさんあるけど、今の彼女の笑顔が
輝いて見えます。
自分はあのころあんな笑顔は作れなかったから。

彼女の笑顔が自分の何かを抉ります。
とても幸せそうな顔を見て同じ病気(幼年で)でも
こんなに幸せそうに笑えるんだと思うと自分も癒されます。
頑張っている人に「がんばれ」と言うのは失礼なので言いません。

唯々、彼女の人生に幸あらん事を。
そんな事を考えているとなにかうまく行きそうな気がします。




2016・04.01 きたきつね








<<iTunes が… | BLOG TOP | PC増えすぎた。(笑)>>

comment


 管理者にだけ表示を許可する
 

trackback