mypotaling (まいぽたりんぐ)

身体障害者だけど走り続けます!!


透析について。

  1. 2016/05/12(木) 20:26:50|
  2. 病気
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
再び、どうも私です。

※先に言っておきますが、少しエグイ写真が途中あります、閲覧注意です。

やっぱり、うまく説明できていませんでしたorz

少し資料(写真等)を拾ってきたので透析について少しはマシに
説明できるかな?と…

まず、シャント(内・外)、グラフトの説明

WS0000091.jpg

自分はグラフトです。
以前は内シャントを作ったのですが、血管がボロボロな上細く、深いのですぐに血栓ができて
使い物にならなくなりました。
それでも、最初に作った内シャントは3年は持ったかな?

グラフトにしても手術しては血栓が出来、再構築が必要になりかれこれこの2年で4か所
グラフトを作りました、以前記事で書いた事もありますが割愛します。

で、透析ってどうなのよ?
ちょっとエグイ画像なので閲覧注意です。

20150701_133145.jpg

内外シャント・グラフトともに方法は同じです、こんな感じに「束縛」されます。

で、血液の流れ(浄化)

toseki01.jpg


上記写真のように血管(グラフト)に刺針し、大きなポンプのような物(機械)で血液を動脈から吸い上げます。
ダイアライザーと言う浄化筒(中身は繊維?らしい)を通ってダイアライザー内で老廃物を除去し、ポンプで
静脈に戻します。
この際、老廃物(尿毒素)と水分を抜きます。
人間は動くと血液が体中を駆け巡り筋肉を動かしたりするわけですが、それをポンプを使い強制的に行って
いるわけです。
フルマラソンしたくらい疲れると言う意味が分かっていただけるでしょうか?

内外シャントやグラフトに刺す針は13g~16gらしいです。(怖いので見た事ないですが(笑))

20091007_1119732.jpg

こんなのらしい…太さもアレだが長さが怖いわ!(笑)

これを2日に1回刺されるわけです…
痛い、痛くないとかそういう次元の問題じゃないです、ホントにorz

ペンレスやユーパッチという麻酔?テープを透析前に刺針部に貼っておきます。
気持、痛みを緩和できます…が4時間は持ちません。
透析終了時あたりに意識がぶっ飛びそうな痛みが走る事があります。(;´・ω・)

前記事で書き足りなかった透析について補足として書いてみたのですが…
やっぱり上手く書けませんね。

健康が一番です、やっぱり。



2016・05・12 きたきつね





<<インナーブレーキワイヤー交換(後ろ) | BLOG TOP | 透析に伴う変化?>>

comment


 管理者にだけ表示を許可する
 

trackback