FC2ブログ
  • 2018_09
  • <<
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • >>
  • 2018_11

mypotaling (まいぽたりんぐ)

身体障害者だけど走り続けます!!


Windows10(無償アップデート)お済ですか?

  1. 2016/07/26(火) 15:37:26|
  2. パソコン
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
更衣室でずっこけた、どうも私です。

お題と関係ありませんが(笑)
本日の透析が終わり、更衣室で着替えようと更衣室に入ったら…
現在更衣室の空調が壊れていて常時温風が噴出していて、申訳程度に?
扇風機が1台置かれているのですが、入り口すぐの辺りにおいてあり、
そこから当然なのですがコンセントまで電源ケーブルが伸びていて…
それに足を絡めてしまいずっこけたorz

思いっきり2回転くらいして頭と手をしたたかに打ち付け、その際えらい
大きな音がして、近くにいた人たちがなんだなんだと駆けつける次第。
まぁ、頭も手も多少痛み(頭はくるくるとしていただけ)だったので大丈夫デス!!
と、笑顔でお引き取りいただいたが…

いい加減暖房いらんからさっさと空調を治してください!!とボヤきたくなったりした。

とまぁ、どうでもいい話はとりあえずおいて置いて。

世間はポケモンGOで大騒ぎ(?)していますが、Windows10の無償アップデートが
あと数日(29日)で終了します。

アップデートがまだの方急いだ方が良いと思います。

メリットというかWindows7はすでにメインストリームサポート期間が終わっており、
延長サポート期間に入っています、これも2020年で打ち切りになります。
どういう事かと言うと昔これぞ標準OSと言わんばかりに世間を闊歩していた、
WindowsXPも延長サポートの末、世間から姿を消しました。(いまだに使っている人もいるかもしれないが)

サポートが切れると以後のバグフィックスや重要な更新がなされなくなります。
新種のウィルスやスパイウェア、アドウェアに対する防御性が著しくさがり、感染リスクを高める事になります。

さて、現在Windows7、8.1(Update含む)(8(無印は8.1へのアップデートが推奨されているため除外)
を使っていて、新しいOSに移行するのをためらっている方。

「とりあえず」でいいのでWindows10へアップデートしておきましょう。

と言うのも、Windows10にアップデート後前のOSに戻せるからです。
で、戻したOSから再度Windows10にアップデートをする事も可能です。
期限等はない模様。
※ 1度PCでWindows10の認証を取ると、よほどのハードウェアの変更を行わない限り
  次回の認証(ネットによる)は自動でチェックされ認証が取れるそうです。

「とりあえず」Windows10にして、Windows7に戻し、2020年のWindows7サポート終了に合わせて
Windows10に戻すことが可能なのです。

どうにもOSのアップデートと言うと、互換性やらH/Wの対応状況やら色々気になる処はありますが、
無償アップデート開始から1年ちかく経った今、互換性についてはXP→Vistaの時ほど気にする
必要はなさそうです(自分が使ってみた感じから)

ちなみに…ATOM GMA3600シリーズのネットブック等(Windowsstarter搭載機)は
IntelがGMA3600シリーズの(主にビデオ)のドライバを7用しか用意していないので
Windows10にはできません(でした)。
とりあえず2020年までは問題ありませんが、以後はLinuxなどに移行するしかなくなるかもしれません。

Windows7→8→8.1(Update)と使ってきた人であればWindows10は難しい処はありません。
ほぼ同じだと思っていいでしょう。
7(8)でWindowsmediacenterを使いTVチューナー(mediacenter専用)を使っている方は
Windows10ではmediacenterが廃止されていますのでTVチューナーは使えません、ご注意を。

残り数日ですが、「とりあえず」Windows10にしてみてはいかがでしょうか?
8月に入ってすぐ大型アップデートも控えていますので早めにアップデートしておく事をお勧めします。

通知のアップデートで失敗する方、Windows10のISO作成ツールからUSBないしDVDにWindow10の
ブートシステムを作りPC起動時にUSBないしDVDから起動するように設定し、Windows10をアップデート
インストールしてみてください、意外とこれで成功するパターンが少なからずあります。

原因としてはなんらかの(特にレジストリ)破損等によりアップデートでコケるパターンが多いので、
半クリーンインストールみたいな感じでインストール(アップデート)するとうまく行く確率が上がるのです。

ちなみにWindows10は「アップデート版」を販売しない模様ですので、後でOEMなりパッケージ版なり
買うとなると2万円近い(HOME)出費を覚悟する必要があります。
タダより安いものはない ε- (´ー`*)フッ

これ以降Microsoftはナンバリングアップデートはしませんと1年前に誰かが言っていたような気がするのですが、
サポート期間が2025年だったかな?と今までのOSと同じようにサポート期間が決められていますね?
ナンバリングアップデートと言うのは私の造語ですがWindows「7、8・1」などVerナンバーと言うのでしょうか、
おこなわない=Windows10をインストールし、動作し続ける限りサポートしますなんて事もMSの偉い人が
言っていたような気がするのですが…どうなんでしょう?

まぁ、現状のPCが2025年まで持つのかどうか怪しいところですが(笑)







2016・07・26 きたきつね









<<バースト注意報 | BLOG TOP | ステックPC Diginnos Stick DG-STK3>>

comment


 管理者にだけ表示を許可する
 

trackback