FC2ブログ
  • 2018_11
  • <<
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • >>
  • 2019_01

mypotaling (まいぽたりんぐ)

身体障害者だけど走り続けます!!


アルベルトオートマ化(2)

  1. 2016/08/19(金) 17:34:26|
  2. 自転車
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
暑さが半端ないです、どうも私です。

先日の続き。

IMG_0783.jpg

ベルト(カバー)の上に鎮座しているのがオートマチックユニットです。
なんとか動作するようにはなったのですが、ハブの中にある「プッシュロッド」と言う
変速する際に押し込まれる棒状の(後記)ものがどうも曲がっている(微妙に)ために
変速するとき引っかかってうまく変速できていないようです。
実車せず、クランクを回すと普通に変速(オートで)するのですが、乗ってみると
どうも引っかかった感じで変速しなかったり、してもかなり遅れてしたり。
色々原因を考えたのですがやはりプッシュロッドがゆがんでいるのが原因だと思われます。

IMG_07881.jpg

これなんですけどね、ぱっと見まっすぐな気もしますが実際はかなり歪んでいます。
途中がばね状になっていてそこがかなりぐにゃぐにゃと曲がっているのです。
ここがまっすぐじゃないと変速時引っかかりうまく変速できません。

街の自転車屋に頼むか…と思ったけどスモールパーツ(だけ)を頼むのもなぁ…と言う訳で、
Webでこの部品だけ無いか彼方此方さがしてみました。
1件だけこのプッシュロッドを売っているお店がありましたので速攻でポチリ。
ちなみにロッドのお値段560円、送料640円(だったかな?)…まぁ仕方ないでしょう。
とりあえずこれが来るまでは作業がすすみません。
(これがあれば作業は終了なんですが)
ちなみに長さが2~3種類(2種類?)ありますが、長い方がベルト駆動用です。
短い方はチェーン駆動用です。

IMG_0785.jpg

ベルクランクと言う変速機(?)真ん中から飛び出してきているのがプッシュロッド。
このままではプッシュロッドは抜けません。
シフトワイヤーを外し、プッシュロッドを押す部品を外側に開き、ようやくプッシュロッドが抜けます。
(外し方のコツ:プッシュロッドを押し込み(ベルクランクごと)、トップ(プッシュロッドが一番奥の状態に
 します、するとシフトワイヤー(タイコ)が顔を出すのでタイコを上の方に持ちあげ、ベルクランクを
 外側に移動させます、この際プッシュロッドを押さえていないと勢いよくロッドが飛び出す可能性が
 ありますのでプッシュロッドを押さえながらした方が良いでしょう、これでベルクランクがフリーになります。
 戻し方は先の手順の逆順です。)

IMG_0789.jpg

こうなります。
プッシュロッドはただ刺さっている(?)だけなのでそのまま引けば抜けます。
抜いた後の状態は2枚目の写真の通りです。

SG-3S421.jpg

↑スモールパーツ表 SG-3S42 赤丸の部分の部品です。

これを交換します。(いつ部品がくるかわかりませんが)

もう一つ変更点が。
ブレーキレバーです。

IMG_0792.jpg

以前つけていたテクトロのブレーキレバー各種ブレーキキャリパーに対応している(ハズ)なんですが、
どうもアルベルトのブレーキ(前デュアルピポットに変更、後ろシマノの油圧?ブレーキ)と相性がわるいようなので、

IMG_0784.jpg

ホームセンターで売っていた一般車(ママチャリ)用ブレーキレバーに交換してみました。
かなり引きやすくなりました。
ついでに、ブレーキインナーを前後とも交換。
あと、カゴの位置を1cmほど前に出しました。
本来はもう少し小さいカゴが付くハズなのですが、もらいものの自転車でカゴは最初から
ついていなかったものに無理やり(笑)取り付けた次第です。
最初はなんかデカすぎてみた目がなぁと思ったけど使って見ると案外この大きさはいいかもしれない。
と思った。

このオートマチックユニットは後輪に取り付けた磁石が回転に合わせて本体側のセンサーに回転数?を
読み込み、回転と速度の差でベルクランクを引いてギアを上げるという仕組み(らしい)
個人的には後輪の回転数ではなく、クランクの回転数(ケイデンス)に合わせた方がいいんじゃないか、
と思ったりするのですが…まぁ言っても始まりませんからね。
いちいち変速(レバー・グリップ)を引かなくてもかってに変速してくれる有りがたい?アイテムです。
リアコグの歯数(チェーンタイプを想定しているため)が14t、16tの2種類しか選択できません。
アルベルトは当然ですがチェーン駆動ではなく、ベルト駆動ですし、リアコグも特殊?で何t か分かりません。
おそらく16t以上あると思うのですが…
どちらかはっきりしないと変速タイミングが14tと16tでは違ってくるのでプッシュロッドが届いて
直ったらもう一度調整しなおしてみようかと思います。
サイクルコンピューター(スピードが分かればいい)があれば良いですね。
どのタイミングで変速するか見極めるにはサイコンが必須かもしれません。
せっかくハンドル周りがすっきりしたのにサイコン付けるの?、まぁ一時的(変速タイミングを計るため)
ですから。

なんかもう、夏休みの課題みたいです。
毎日暑いしorz






2016・08・19 きたきつね





<<アルベルトオートマ化(3) | BLOG TOP | アルベルトオートマ化>>

comment


 管理者にだけ表示を許可する
 

trackback