• 2018_06
  • <<
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • >>
  • 2018_08

mypotaling (まいぽたりんぐ)

身体障害者だけど走り続けます!!


インナーワイヤープライヤー

  1. 2016/09/17(土) 17:00:24|
  2. 自転車
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
雨がしとしと、どうも私です。

先日あるアンケートに答えたら1000円分のAmazonポイントを頂きました。

すこし前から気になっていた(ほしいが必要か?と)アイテム(工具)を
買う事に。(1200円ほどなので200円は実費でしたが)

PWT インナーワイヤープライヤー IWP66

71qyzhVXveL__SY355_.jpg

まぁ、この工具の利便性は自転車を整備する人じゃないとわからないだろうな…
ブレーキ(アーチ)を片手で押さえ、もう片手でインナーワイヤーを「手」で引っ張ってインナーワイヤーを
引いている「手」でワイヤーを引っ張るのですが…
自分の力不足かそれともそんなものなのか…なかなかワイヤーをうまく引けませんでした。

PWT インナーワイヤープライヤー IWP66 を使うとまず、ワイヤーを押さえる必要がない。
ついでに、インナーワイヤーを適切に引く事ができるのです。

構造はいたってシンプル。
プライヤー左上をインナーワイヤーに通し(ガイドおよびエンドを押さえる)、右上部分で
インナーワイヤーを咥えます。
で、グリップを握ると右上部分が稼働(締まる)し、インナーワイヤーを咥え込みます。
後はブレーキアーチを保持したままこのプライヤーを引けば、簡単にかつ正確にインナー
ワイヤーを引くことができるのです。

何を言っているのかさっぱりかと思いますが…これは使えます。
ロードのキャリパーブレーキは何とか両手を駆使すればセッティング出来るのですが、
ママチャリ等のリアブレーキ(ドラム、ローラー、バンド)はこれがあるとないとでは
かなり自由度が変わってくると思います。(一般的に必要な工具ではありませんが(笑))

ワイヤーを切断する工具ではありません。
ワイヤーを維持する工具です。
これで作業効率もかなり上がると思います。(今のところ出番はありませんが)

工具(主に自転車用)が工具箱2つ分とかなり増えてしまいました。
工具箱とか新調しないといけないなぁ…と思うものの結構高いので躊躇しています。
ジャンクパーツ(部品取り等)を収納する大きめなBOXもほしい。
まず、そのあたりを片付けないといけないな…と思う今日この頃でした。







2016・09・17 きたきつね







<<ブルボーン化する(現フラットバー)その1 | BLOG TOP | 折れたカーボン(アップスタンド)>>

comment


 管理者にだけ表示を許可する
 

trackback