FC2ブログ
  • 2018_09
  • <<
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • >>
  • 2018_11

mypotaling (まいぽたりんぐ)

身体障害者だけど走り続けます!!


ブルボーン化する(現フラットバー)その4

  1. 2016/09/24(土) 17:46:21|
  2. 自転車
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
まだまだ続く(かもしれない)、どうも私です。

そんなわけで(どんなわけ?)、またまたブルボーン化の話。
まぁ、おおよそ終わってるんですが。

実走行もしてきました。
今のところ然したる問題は出ていません。

DSCF14262.jpg

先日までの状態。
右と左のシフトとブレーキのアウターがどうも不均等でぎりぎりセンターをかわしているが…
見た目も悪いし、右に切る時(ハンドルを)左の遊びが大きく左に切ると右が遊びがない状況でした。


DSCF1427.jpg

左シフターのブレーキアーチを短いものにして、アウターを長めにしてみました。
しっかりとセンターは開きライトの邪魔にもならなくなりました。
元々フラットバー用のラピッドファイア(デュアルコントロール)なのでケーシングがオカシイのは
ともかく(ぉぃ)、なんとか形になりました。
シフター側のアーチを交換したのでフロントディレイラーも再調整…2段しか無いのになんでこんなにシビア
なんだ…とブツブツぼやきながらなんとか調整終了。
するとリアディレイラーの方がおかしく…まぁそうですよねフロント調整したらリアも調整しないと(´Д`)ハァ…

レバーの位置をすこし前にずらしました。
と言うのもレバー下を握っていると微妙にラピッドファイアの親指シフトに指があたったり、親指と人差し指の
間が当たったりしたためです。
1cm程度ですが前方にずらしたら解消されました。

リアブレーキとフロントディレイラーのエンドキャップがなかったので明日にでも調達しようかなと考えています。

乗ってみるとなかなか新しい感じで非常に乗り心地がいいです。
ドロップだと大体、上ハンかブラケットを握っていますが、上ハンとブラケットの丁度いい間な感じで
ハンドリングが出来ます。
上出来です、が…一つ難点を言えば…ハンドルが細い(笑)
バーテープを巻いてありますが、それでも細い(笑)
このバーテープの上からもう一巻き巻いて丁度いいくらいかもしれません。
ま、良いっちゃいいんですが。
一応右ハンドル先にミラーをつけようかなと思っています。

DSCF1428.jpg

全体像、なんか角が…と言う感じですが乗ってしまえば気になりません。
アウターやバーテープが赤いのがすこし変ですが(;´・ω・)
リアのキャリパーにブレーキランプ(写真の時はついていないが)を取り付けて本日の作業完了。

ドロップ→フラット→セミフラット→ブルボーン…とハンドルばかり変わっていく(笑)

シマノがブルボーン向けのコンポーネントを出したそうで…
調べてみたが、油圧ディスクだったり、フロントシングルだったりと、ロードからの乗せ換えには
向いていないようでした。

ClarisもSTIから「角」がなくなる日が来るのでしょうか…。






2016・09・24 きたきつね








<<ブルボーン化する(現フラットバー)その5 | BLOG TOP | ブルボーン化する(現フラットバー)その3>>

comment


 管理者にだけ表示を許可する
 

trackback