FC2ブログ

mypotaling (まいぽたりんぐ)

身体障害者だけど走り続けます!!


けっきょく。

  1. 2016/11/09(水) 17:24:12|
  2. 自転車
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
アメリカは熱いが日本は寒い、どうも私です。

けっきょくTT(DH)バーは取り外しました。

理由
1・街乗り程度ではTTバーはいらない。
2・安物だけあって固定が安定せず下手しなくてもケガしそう。
3・乗ってわかるくらい重量増(笑)
4・ほとんど使う場面がない上に田舎の道は凸凹が多すぎて危険。

DSCF1548.jpg

結局これで落ち着いた。
前の写真と違うのはシフターがかなり前に付けた事。
ブレーキとの同時操作は無理(というかそんな事しないが)だが…
えと、ブレーキレバーを保持しながらシフター操作は出来ないぞと言う意味。

でもまぁ、ハンドルから手を離さずになんとか上下シフター操作が可能な位置が
ここしかなかった。


なんかブルホーンx2みたいになってしまったが(;´・ω・)

※ブレーキ握りながらでもシフトチェンジできました(笑)、親指でアップダウンレバー
 をタッチできましたので。

これまた安物なのだが、サイクルコンピューター…センサーの位置が分かりにくく
(というか分からない)のでセンサーとマグネットの位置をとっかえひっかえして
ようやくスピード測定ができるようになった。

DSCF1550.jpg

シフターがブルホーンハンドルの径では入らないのでエクステンションx2をつかいぎりぎり
操作可能な位置に取り付けた。
ブレーキレバーの後ろあたりに取り付けられれば一番よかったのだが…
ハンドルから手を放してエクステンションに手をかけてシフトするのが一番ベター。
TTバーの代わりにはならないがシフトする間ハンドルを固定できるくらいは握れる。


※前記のとおり親指シフト(By富士通)でアップダウンシフト可能でした。

DSCF1552.jpg

荷台の後ろにリフレクター(ただの反射板)を付けていたのだが、ダ○ソーで見付けた
テールライトを付けたくて付けてみた。
最初はリフレクターの上に無理やり取り付けていたが…
どうにも始末がわるいので、HSで棒木(を半分に切ったモノ¥100)を買ってきて、
ドリルで穴を開け、鬼ネジ(ナッターみたいな木ネジ)をねじ込んで、荷台後ろの
ステーにネジ止めした。
半円の木でちょうどいい「R」が出来て巻き付けても不安定にはならないようにした。
ちなみに同じようなテールライトがネット上で1800円前後で売られている…
(同じようなと言うのは実際どれくらい違うのか不明なため、見た目は同じ)
一応荷台のステーにリフレクターをつけてある。(一応のため)
泥除けにもリフレクターつけてあったが外した…一応なら泥除けの方が
見た目はいいかもしれないのでやる気があったら明日にでもそちらに変更する。

DSCF1553.jpg

手ぶれがひどい(笑)が、こんな感じに。

DSCF1554.jpg

外がかなり寒くなってきたので乗る機会も減りそうだが、ひとまず満足が行くブルホーン化が
終了した。
ドロップロードは春まで乗れないだろうなぁ…なんかもう雪ふるカウントダウン始まってるし。
というわけでドロップロードのチェーンに「グリス」をたっぷり塗り込んでおいた。
錆防止と保全のために。
また乗る時、脱脂してチェーンオイルを吹く。
雪対策に自転車のカバーとか必要かなぁ…。
多少の雪ならここまで吹き付けないが、今年は油断ならなそうなので準備は万端にしておかないと。

ドロップロードの方は先月TSマーク点検が済んでいるが…
ブルホーンの方は来月…雪ふらなきゃいいんだが(;´・ω・)

雪が降るとMTBがいいなぁなんて思うんだが(笑)
これ以上自転車が増えると大変なので(以前持っていたGTのアグレッサー2.0は売った)
まぁ、よほど積もらない限りはブルホーンかアルベルト(オートマ)でなんとかなるだろうし。

ドロップロードのアップデートを春までにしたいなぁなんて思っているが…
どうなるやら。(笑)

冬になると夏がいいなぁと言い、夏になると冬がいいなぁと言う優柔不断な自分がいましたとさ。(笑)









2016・11・09 きたきつね









<<ハンガーノック | BLOG TOP | TTバーを付けてみた。>>

comment


 管理者にだけ表示を許可する
 

trackback