mypotaling (まいぽたりんぐ)

身体障害者だけど走り続けます!!


ブレーキシュー等

  1. 2016/12/17(土) 16:46:30|
  2. 自転車
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
寒いっす、どうも私です。

そりゃ雪も降るよね(;´・ω・)

それはともかく、ブルホーンロードのブレーキシューを交換しました。
別に前のが減り切ったわけではないのですが。

ULTE.png

ブレーキシューだけです。(舟も含むが)
ドロップロードはかなり前にこのブレーキシューに交換済みだったのですが、
ブルホーンロードの方はそのままだったので。

DSCF1591.jpg

↑ これ。
シューとネジ等が一体化されているやつ。
まったく効かないわけではないのですが、半分くらい山も残っている。
ドライの状態ならこのシューでもいいのですが…
ウェット(雨)の中ではこのシューはっきり言って利きが悪い。(;´・ω・)
どーせ雨の日乗らないし、とかそこらへん走るだけだし…と思っていたが
やはり雨の日(雪の日含む)になるとギーーーーーーッっというとても(雨の日限定だが)
リムに悪そうな音がするので交換してみた。(たぶん砂とか嚙んでるんだろうなぁ…)
ブレーキアーチももっとグレードの高いヤツにすればよさそうなのだが、
Claris~Tiagraまでのアーチは(ほぼ)同じなので交換する意味があまりない。
ClarisのアーチよりTiagraのアーチの方がすこし凝った作りになっているが
基本的な構造はどちらも同じ、クイックの部分がすこし違うくらい。(素人目に見て)
後は色が違うか(塗装もTiagraの方がいい塗装の仕方で仕上げもいいが)
ブルホーンロードは前後Tiagraアーチだったのだが、フロントアーチが壊れ(?)てしまい、
フロントはClarisにしてある。(Tiagraは高いし現行グレードのではないので入手困難)

DSCF1592.jpg

交換後、ぱっと見というか遠目にみても分からない(わかる人は分かる)が、
ブレーキの聴きの良さは各段にアップする。
一応雨や雪の状況下でも十二分なブレーキができる。
105のとかデュラのとかカートリッジ式のシューはあるのだが…
ドロップロードもそうだがClrarisのカラーに一番近いアルテグラの舟を使いたかったので
(やや濃い目だがそう違和感はない)初期投資はややかかるがアルテグラのシュー(舟)に
してある。
取りつけてしまえば、シューが減ったらシューだけ変えられるので手間もかからない。
長い目でみればランニングコストも大した事ないし。

クランクボルト(?)をついでに取り換えた。

81pMB20cHCL__SX425_.jpg

スギノのクランクキャップだが、ブルホーンロードのどこのメーカーか分からないクランクにも
問題なく(たぶん)取り付けできた。

クランクの取り外しに二度手間がかかるがしょっちゅう取ったりする部分ではないのでヨシとする。

DSCF1593.jpg

こんな感じになる。
これを付けたから早くなるとかそういう物ではないが、見た目がよくなるので良い。
5mmヘキサでキャップを外し、12mm?だったかなのガチャ(ラチェット)で中のボルトを外す。
単なる自己満足のためのアイテムだが概ね気に入っている。
キャップはアルミ、ボルトは鉄(クロモリ)
元のはキャップなしのボルト(クロモリ)だったのだがどうにも周りのゴムが黒く気になっていた。

30分も外で作業していると手が悴んでくる(;´・ω・)
やっと12月っぽくなってきたなぁと思った。

結局昨日TSマーク点検持って行こうと思ったが行かず仕舞い。
28日まで有効だし…なんて言っていると忘れてしまいそうなので
近日中にいけるようにしたいなぁ…雪降らなければいいのだが…(;´・ω・)







2016・12・17 きたきつね







<<重いらしい。 | BLOG TOP | >>

comment


 管理者にだけ表示を許可する
 

trackback