mypotaling (まいぽたりんぐ)

身体障害者だけど走り続けます!!


カーボンフォーク取り付け。

  1. 2017/01/09(月) 07:58:29|
  2. 自転車
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
自転車ネタばっかりだな(;´・ω・)、どうも私です。

そんなわけで、先日カーボンフォークを取り付けました!!

結論、軽すぎ(笑)
フォーク(フロント)が妙に軽く、リアが妙に重たい(重たく感じる)
トップチューブ中ころ辺りを持ち上げるとよくわかる…
まぁ、後ろ(クランクより後ろ)はディレイラーとかクランクとかスプロケットとか…
色々ついているので重いのは当然なのですが、明らかにフロントが軽すぎる。
乗り心地が変わったか?変わったと言えば変わった。
フロントがなんか柔らかな感じでリアが硬い感じ…。
路面のショックを吸収していると言うのとは違う軽さから来る柔らかさ(?)
軽くなった分ウデにかかる負担が減ったのは確かだと思う。
リアもカーボンなら気持ちいいんだろうなぁ…なんて思ったりした。

感想はとりあえずここまでに。

DSCF1639.jpg

まずコラムカット、禁忌とされているパイプカッターによる切断。
結果90%うまく行った。
若干、カーボン繊維のほつれが出たが、バリはほとんど未使用部位(上側)に出来て
使用部位(下部)はきれいにカット出来た。

DSCF1640.jpg

プレッシャーアンカーを取り付けた後だが、きちんと水平に切れているし、
ほつれもない(少し2000番のペーパーで整えたが)
素人仕事としては十分な成果だろう( ̄ー ̄)b

DSCF1641.jpg

ケーブル内臓フレームなのでめんどくさくてワイヤー類を外さずにフォークを設置…
これはさすがに後で修正が必要そうです(;´・ω・)
(しなくても乗れることは乗れるが見た目がよろしくない)
あとステムの高さが高い事に気が付いた…5mmのスペーサー1枚外したのに。
もう5mm低くてもよさそうなのでこれも要修正。
ちなみに、トルクレンチ(簡易)で締め付けトルクを計ってみたが5Nmくらいが的らしい。
マニュアル的には8Nmと書かれているのだが…8Nmも力かけると怖いので5Nmで(;´・ω・)

DSCF1642.jpg

トップキャップを付けた、お約束らしいので5mmのスペーサーをかましてある。
悪くない、悪くない( ̄ー ̄)
前のアルミのフォークがストレートだったのだが、今回のカーボンフォークはやや前のめり?
こっちの方が漕ぎやすいし、カーブも安定する。
バランス(前後の重さ)が異様に違うがたぶんそのうち慣れるでしょう。
フレームがカーボン(っぽい)のはラッピングシートで誤魔化しているからです。
フレームはアルミです、しかも激重です。

DSCF1643.jpg

全景、やっぱりワイヤー(アウター)の取り回しがいまいちです(;´・ω・)
走行に支障はありませんが…
近いうちに修正しようと思います。
総額6千円でのアップグレードでしたが概ね満足でした。
なんちゃってロードから一歩前進してロード一歩手前にグレードが上がったのではないでしょうか(笑)
次回のネタはケーブルの修正になると思います。(笑)








2017・01・09 きたきつね








<<ハブのグリスアップ(CXP22) | BLOG TOP | カーボンフォーク(組み上げ)>>

comment


 管理者にだけ表示を許可する
 

trackback