FC2ブログ

mypotaling (まいぽたりんぐ)

身体障害者だけど走り続けます!!


超特急入退院

  1. 2017/04/30(日) 16:24:10|
  2. 病気
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
GWどころじゃねぇ!、どうも私です。

3日前?(木曜日)に緊急入院(というか転院)orz

「また」、グラフトが詰まった(;´・ω・)

前の入院からかれこれ2ヵ月で…って記録更新?(ぉぃ)

地元病院では手も足も出せないので大学病院へ移送…(;´・ω・)
先回も「無茶」言って2日(?)で退院、今回は3日?
転院後すぐに手術の手筈が整ったので今回「も」首カテしなくてすんだ(;´・ω・)
「首カテ」とはなんぞ?と言えば…
要するに首の近く(肩と首の間くらい?)に通っている動脈にカテーテルぶち込んで、
それをグラフト(人工血管・シャント)の代わりにして透析をすると言う。
実際やった事がある身の上として言えば「気持ち悪い」と言う言葉が適切かと。
考えてみてください、自分の首から管が出てるんですよ?「気持ち悪い」以外の
言葉が見つからない(;´・ω・)
因みに首がダメだった場合股関節の動脈に同様にカテーテルをぶち込まれ、
グラフトの代わりに使います(あくまで一時的措置ですが)
首の場合耳が近い事もあり、血液が循環する「音」が常時聞こえます。
「ごうごうごう~」みたいな?(笑)
これ1日聞いているとへこみます。

まぁ、今回(も)これはせずにグラフトを回復できたので良かったです(;´・ω・)

首カテするくらいならマジで殺してくれと思うくらい「イヤ」です。(ホントに)

で、2.5日?入院していたわけですが…
同室の向かいのベッドの爺さんが五月蠅い(;´・ω・)
何年も入退院を繰り返してきているのでこういう人も何人も見てきたが、
こういう人はナニ言っても無駄なんだよなぁ…
事の成り行きはこうだ。
「看護師A:「後で見にきますから血糖測って、インシュリン用意して待っててください」
ここで看護師Aは退室(他の患者を見に回った)
15分後くらい後だったかな?看護師Bがきた。
この時点で爺さんは「勝手に」インシュリンを打っていた。
「看護師B:確認するからまっててくださいと言われましたよね?」
「爺:いつまでも来ないお前らが悪い」
…(ごちゃごちゃぐちゃぐちゃ)
「この時点で自分は「あぁ始まった…(;´・ω・)」」

インシュリンの自己管理を自宅でやっている(特に年寄り)がこのパターンになりやすいんだが、
要するに看護師としてはインシュリンを適量セットしたかどうかを確認したい、BSがいくつか確認したい、
「だけ」なんだが…
爺は「確認したいなら最初から最後までここに居ろ」と言い出す始末の悪さ(笑)
昨日の事なので土曜しかも夜…
1病棟の看護師も一番手薄な曜日で時間。
なにかと忙しい。(と自分は思う)

正直自分が爺に「アンタ一人のために看護師一人裂いているヒマねーんだよ!!」と
喉元まで出かかったがどうせ明日(本日)退院だし、面倒起こしてもいかんのでぐっと堪えた(笑)
その後も消灯まで土曜夜勤だった2名の看護師と言い争い(笑)

こういっちゃ語弊があるかもしれないが…
大抵こういう厄介ごとを起こすのはⅡ型のご老人が多い。

Ⅰ型、Ⅱ型云々というより自分を中心にしか物事を考えられないからだろうな、きっと。

いままで何人もこういう人を見てきたが、相手をする看護師さんも大変だぁね(;´・ω・)
「アンタのこういう処が間違っている」なんて口が裂けても言えないだろうから…
(明らかに相手が間違っていたり、理屈が通らなくても)、「私たちが悪いんです」なんて
看護師が言うのを聞いているとイラつきもあるが不憫でしかたがない。

さて、話が脱線したが…今回は前回から2ヵ月で再手術(グラフト入れ替える程ではないが)
2ヵ月に1回こんな手術してたら体が持たない(笑)
ので、少しづつ色々と改善していかなければならないなと考えるのだが…

何をどう改善すればいいんだ!!(笑)
知ってる方、教えてください(笑)








2017・04・30 きたきつね









<<R2000(2) | BLOG TOP | 何の冗談か分からないが…>>

comment


 管理者にだけ表示を許可する
 

trackback