• 2018_06
  • <<
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • >>
  • 2018_08

mypotaling (まいぽたりんぐ)

身体障害者だけど走り続けます!!


R2000(4)

  1. 2017/05/05(金) 10:35:08|
  2. 自転車
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
さて、どうも私です。

昨日の続きですが。
CS-HG200-8 が届いたので早速交換。

スプロケットの脱着は約5分(もかかっていないが)
で、ローが28t から32t に大幅に歯数が増えたので、チェーンをもう2コマプラス
(作業時間5分くらい)
DSCF1710.jpg

ロー側がえらい幅広になった…がまぁ問題ないでしょう。
スプロケットは「黒」でした「ハイテックグレー」や「ガンメタ」ではなかったですが、
以前のスプロケットが「銀」で妙にそこだけ浮いていたのでフレームの色に合ってて
いいんじゃないでしょうか。

HG-「200」と言うモデルナンバーだったのでR2000に合わせて「ガンメタ」かな?と
思っていたのですが「黒」でした。
まぁ漕いでいるうちに下地の「銀」が出てくるんじゃないかと思うが…
以前と変化はあったのか?と言われると
以前はロックリングから2段まで分割だったのがコレはロックリング直下の1段のみ
分割であとは固定されていました。

DSCF1711.jpg

FDは相変わらずSTIが届かないので2400のまま。
でも段々とガンメタっぽくなってきて重厚感や目新しさは増してきています。(笑)
ブレーキ(だけ)BR-6800(アルテグラ)なのですが2400に比べると深いグレー(ガンメタまではいかない)
R2000に比べると…とキリがないのでやめときます。(;´・ω・)

低グレードコンポなのになんか高級感がにじみ出ています (・∀・)イイ!!
先日透析の帰り道ロードバイクで走る3人組を見かけ、「いいなぁ、走りたいなぁ」と思ったが、
透析後はいつも意識が混濁していて走る処ではありません(;´・ω・)
気を緩めると意識がぶっ飛びます…orz
走り仲間がいればいいのですが、残念ながらボッチな自分には走り仲間がいません。
まぁ、走るより弄る方がすきなので良いと言えば良いのですが。(ヨクナイ)
なんだかんだで、フレームセット(フォーク付き)買って、フォークも取り換え、ヘッドセットも取り換え
シートポストもカーボンに…たぶんこの世に2つと無いオリジナルロードでしょう。(笑)

DSCF1712.jpg

ペダルは現在フラットを付けていますがコンポに合わせて調整が必要なためSPDだとメンドクサイので
完成まではフラットペダルにしてあります。
まだ「髭(触覚?)」が付いていますがもうすぐ見た目も大きく変わる事でしょう。
楽しみです。

正直1万円くらいの差額で9s(R3000SORA)にもできたのですが…
SORAならもう流通が安定しているので時を待たずコンポーネントをそろえられたのですが、
個人的には8sも9sも大差ないだろう(と思う)し、いままで8sで十分満足だったので
これからも8sで行こうと思いました。
因みにTiagra(4600)の10sと言う選択肢もあったのですが…
評判を見るとどうも強度的な問題が8s>9s>11s>10s と10sは壊れやすい、
調整が微妙すぎてメンドクサイと言う話を見て8sでいいかぁと思った次第です。
因みにトップグレードの「デュラエース」ですが各部の精度の高さはあるのですが基本
「使い捨て」コンポだそうです、1回のレースとかで消費しちゃう感じですかね?
自分はそんな金銭的余裕はないので「使い捨て」できません。(;´・ω・)
ブレーキ(キャリパー)をアルテグラ(6800)にしたのは2400系と色が近かったのと
2も3もなく安全に寄与する部品なのでここだけは大枚はたきました…
2400のキャリパーも持っているのですが、「違いますか?」と言われると…
「調整次第」とか「構造が違うから比較対象にならない」としか言えません。
調整はきっちりすれば大抵のキャリパーブレーキなら同じ制動力を得られるでしょう。
アルテグラのキャリパーの大きな利点は今までのキャリパーがデュアルピポットだったのが
トリプルピポットになり、デュアルより「片利き」が起こりにくい。
デュアルも調整次第で、「片利き」を防止できますけどね。
自分の場合アジャスターは使わず、大抵はワイヤーの「引き」で調整します。
ブレーキシューがリムに当たらないギリギリまで引っ張ります。
自転車屋に言わせると「引きすぎ(詰めすぎ)」と怒られ(?)直されるのですが(笑)
シューとリムの間の隙間を自分は3mm以内にします。
マニュアル通りなら5mmなんですけどね。
どんなに精度のいいキャリパーでもホイールが「フレ」ているとダメです。
フレームのフレなんて論外です。(当たり前だが)

とりあえず体力の回復を最優先に…まずそこからデスね(;´・ω・)
バラした2400グループコンポは全部そろい次第オークションで投げようと考えています。
STI、FD、クランク(チェーンリング46t)、BB(オクタリンク)、RD、スプロケット(12(3?)-28t)
あとアウター・インナー(ブレーキ・シフター)もお付けします。
6月までにこれらコンポーネントセットを「ほしい」と思う方はブログ左のメールフォームから
その旨お伝えください。
安価(要応談?)でお譲りします。(コンポーネント入れ替えが終わったら)

まぁ、いないでしょうけど…いなければオークションに流します。

早く完成させて60kmライド行きたいなぁ…(ライドと言うか単に友人宅まで行きたいだけだが(笑))

これから梅雨にはいり梅雨が明ければいよいよ夏も本番!
走らないでどーーーーーーーーーーーーーするよ!!(笑)

そういや、今日は子供の日であり「自転車の日」でもあるそうですね。
なぜ「自転車の日」なのかは分かりませんが(笑)

まぁ、病人とコンビニ店長には「休日」なんてありませんが(;´・ω・)


追記:少し走ってきました。
    ロー側が大きすぎる感じはあるがトップ側5枚目までは平地ライドで十二分な
    ギア比であり、ロー側は最大32t と大きめなので平地では利用用途がありません。
    上りやアップヒルでは活躍しそうです。
    12~26tに比べるとギアの選択範囲が狭まりますが悪くない比率です。






2017・05・05 きたきつね





<<モニターか?ビデオカードか? | BLOG TOP | R2000(3)>>

comment


 管理者にだけ表示を許可する
 

trackback