mypotaling (まいぽたりんぐ)

身体障害者だけど走り続けます!!


後輪タイヤ交換(ママチャリ)

  1. 2018/03/05(月) 11:43:19|
  2. 自転車
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
結論:ママチャリはメンドクサイ、どうも私です。

具体的な交換方法はWebで色々書いてあるので省きます。

DSCF1769.jpg

暗くてよく分からない…がタイヤのセンター部がつるっつるになっている。
(先日パンク修理したとき気が付いたが…購入後1度もタイヤ交換してないと思われる20年くらい前のチャリ)

DSCF1772.jpg

外した後のタイヤ…これで道を走るのは嫌すぎる(笑)

DSCF1771.jpg

交換後のタイヤ(新品)、髭が思いっきりついているがこれは好み?だが切っても差し支えはない。
走っていればそのうちキレイに切れるのでほおっておいても問題はない。
この髭がなくなると一皮むけてタイヤのコンディションも最高の状態であると言われていたり言われていなかったり?
見えにくけど1本足スタンドに変えた(元は2足)と言うのもフレームが硬すぎ(クロモリ)でシャフトが通らず、
あれこれしてみたがどうにもならないので片側だけならなんとかと思い、片足スタンドにした。
(説明が難しいけどたぶん分かる人には分かる)

DSCF1770.jpg

フェンダーが凸凹になってたり、チェーンが引っ掛かったり…チェーンガードが溶接してあるから外せなかったりで
タイヤのセンター出しがかなりの難易度だったり…もうママチャリは弄りたくない(笑)
先日ロードバイクのTS点検に行きつけの自転車屋へ行ったときそこの爺さんとその件を話したら…
「そういう時こそウチに頼んでくれればいい!!」
「スポーツバイク(ロードバイク等)は俺(爺さん)がおめさんに教えてもらわないとダメだけどな(笑)」

ほとんど用事もなく年に数回(厳密には1回)しか行かないから持ち込みとか断られるかなぁと思っていたけど
まぁ、軽く自転車話に花を咲かせられ、顔も覚えられたのでそういう心配はないようだ。
信用を勝ち取るのは難しい…でも、頑張ればなんとかなる。

ただし、次からはママチャリ(主に後輪周り)は自転車屋(行きつけの)に任せようと心に誓った(笑)
自分でやるには難易度が高すぎる…(笑)
ロードバイクの修理の方が100倍楽である、とつくづく思った。






2018・03・05 きたきつね







<<架空請求 | BLOG TOP | 冬眠から覚める?>>

comment


 管理者にだけ表示を許可する
 

trackback