FC2ブログ

mypotaling (まいぽたりんぐ)

身体障害者だけど走り続けます!!


先日と本日の作業

  1. 2018/05/30(水) 16:38:37|
  2. 自転車
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
慣れれば…大変です、どうも私です。

本日はミニベロ(と言うか単なる折り畳み自転車)の前後ハブグリスアップ…
慣れれば…(´ε`;)ウーン…
結構大変です。(本音)

ちなみに作業中は撮影していないのでご了承を。(笑)

DSCF1855.jpg

こちらが折りたたみ自転車(20インチ)、タイヤ(ホイール)外しは慣れれば数分でできます。
ママチャリ(26int)で何度もしたのでお手の物です。( ̄ー ̄)
多段ギア付き・バンド(サーボ)ブレーキと言う条件であれば10回くらいタイヤの脱着をすれば
慣れるでしょう。
なにぶん、スポーツ車(ロードやMTB)のようにクイックにはいかないのでネジの外し方や、
取り付け順を覚えておかないと後々メンドクサイ事になります。(;´・ω・)

このミニベロ、前輪は数日前にグリスアップしたのですが、後輪はブレーキやらスプロケットやら
色々ついていてメンドクサイので後回しにしていた。
クランクを空転させると明らかにグリスが切れた回り方(というか回らない(笑))をしていたので、
いっそホイール変えちゃおうかとか思ったが…
ホイール変えるのももったいないほどの安物な上、そもそも直す価値あるのか微妙なので、
ホイール交換は却下、とりあえずグリスアップして様子みるかぁ…と作業を始めた。
思っていたより実は楽にできたというのが実感。
ブレーキ側は抑えて動かさず、ギア側のロックナットと玉押しを緩めてベアリング(片側9個)を
取り出し、PC(パーツクリーナー)をこれでもかと言うくらい吹き付けて、(この時点ではブレーキ側は抑えてある)
キッチンペーパーで拭き拭き…(業務用ウエスがほしいが…)
片側のベアリングをPCに漬けて、その間にブレーキ側(ブレーキ本体は付けたまま)からシャフトを抜く。
ベアリング(9個)を確認、取り出し、PC漬け…まぁ作業は右も左も同じです。
PC漬けにしたベアリングをゴロゴロと少しかくはんしてグリスを落とす。
キッチンペーパーを敷き、上にPC漬けにしたベアリング玉を落とす(PC毎)
さっと水気(PC)を切り、無くさないようにひと塊にしておく。
あとは受け側のハブにたっぷりグリス(今回はウレアグリスを使った)を付けておく。
ベアリング玉を慎重にグリスの詰まったハブに置いていく。
9個並べたら上からさらにグリスを盛る。(粘度の高いグリスの場合は盛らないほうがいい)
で、ブレーキ付いたままのシャフトをゆっくり戻し(ブレーキ側のベアリングもグリスアップしておく)
ギア側の玉押しを鼻歌でも歌いながら戻す。
ブレーキ側はすでに当たりが出ているので調整不要(多分)、ギア側の玉押しはグリスがはみ出す
くらいまで締めて、回転させてみる(ブレーキをつかんでホイールを回す)
で、グラグラとかガチガチとか言わない辺りを探ってそこで玉押しは止める。
(ここがメンドクサイが、慣れれば当たりがすぐに分かるようになる)
130mm?に合わせるため?のかな?スペーサー(約2cm)があったのでそれをインストール。
その上からロックナット?を締める。
後はチェーンに掛けて、シャフトをエンドに戻して、ワッシャー・ナットで締めればオワリ。

玉押しの調整(当たりの出し方)さえ分かれば大した作業ではない…(メンドクサイけど)

DSCF1853.jpg

先日交換したBB(ママチャリ)BB50とかだと左右とも鉄(スチール?)だが、このBBは左右ともプラスチック。
別に無理がかかる部分でもないし、中のベアリングはシールドなのでBB(四角テーパー)であればBBは、
長ささえ合えば何でもいいと思う。
ちなみに、アルミフレームにBB50とかの鉄(スチール)BBを使うとフレーム(アルミ)が負けてアルミが
錆びるので気を付けた方がいい。
今回プラスチックのを使ったのは軸長がちょうどいいのがこれしかなかったのと値段の問題。

DSCF1854.jpg

と…、チェーンガードのステーを挟むのに右ワン側が大きくロックリングみたいになっていて、
一石二鳥だったのが大きい。
若干チェーンラインが狂ったが、SISの調整(1/4回転くらい)で治った。
まぁ、要するにカップアンドコーンだとグリスのメンテとかメンドクサイからというのが本音なのだが…(笑)
BBシェルが70mmだが68mmでも特に問題はない。
チェーンガードのステーで+1mmくらい出ているから誤差の範疇。

しかし…やっぱり42t だと少し漕ぎにくい(大きすぎ)なのでいずれ前回書いた通り、チェーンリングと
クランクは交換かなぁ。
前回書いたチェーンリングの外寸が160mmで、今の42t もおおよそ160mmなので変えても問題は
無いと思う(思いたい)。

あちこち削れたり(フレームが)していたのでパテで修復したりもした。
塗料がもう残り少ないので、いずれまた同色を買ってチマチマと塗装もしなければならない。

まぁ、そんな感じで2日で1か月分くらい仕事をした(キガスル)
毎日こんなことしてる、自転車屋すげーと思った。(笑)
そりゃ、工賃どんぶり勘定って分かる気がするわ。(´Д`)ハァ…

自転車整備士の資格を取りたいんだけど…問題が「実務2年」と言う難題が(;´・ω・)
以前、行きつけの爺と話した事があるが、整備だけじゃ食っていけないし、と言われた。
確かになぁ(´Д`)ハァ…

簡単な整備だけで看板上げちゃダメかなぁ?(笑)

整備士に必要な技能の一つのホイール組み…これはまだやった事がないので、
いずれ機会があればやってみたいと思う…まぁその前に振れ取り台とか道具が無いんだが(;´・ω・)

何かを極めるのは実に大変である。









2018・06・30 きたきつね








<<STINES:GATE | BLOG TOP | BB交換>>

comment


 管理者にだけ表示を許可する
 

trackback